2010/6/23

絶対零度Last case  テレビ

「未解決事件特命捜査〜悲しみを打ち砕く日」、絶対零度の最終回は、12年前の刑事刺殺事件の再捜査、凶器の拳銃が工事現場から発見されたことから始まった。いくら美容整形技術が進んだからといって、実の夫や、父親を見抜けないなんて、あり得ない、最終回の盛り上がりには、ずいぶんと欠けた感じがした。ロッカーにとじこめられた女子高校生の事件の方が、ずっと迫力があった。物語の順番をもっと考えるべきドラマに終わってしまったのが残念。「どんな刑事になりたいか」は、「どんな人になりたいか」に置き換えても成り立つ、永遠のテーマ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ