2010/10/10

「女帝〜ABE〜」  演劇

ナ・LIVEで優勝した「女帝〜ABE〜」が、奈良ユースの風で再演されるため、配役を変え練習が始まった。私も、賑やかしで参加しようと、新しい台本をもらった。労働者や衛兵、役人は、多くいた方が迫力があり、奈良公園という広い場所で演技するのには、もいち堂で演じた時とは違う、演出が必要なようだ。メモ
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ