2010/10/29

ナサケの女  テレビ

美貌の経営コンサルタントとして名高い、まどか(森口瑤子)が、査察部長の新田(柳葉敏郎)に招かれ、東京国税局で講演会を開く。まどかと新田は、海外のビジネススクールで共に学んだ旧友であった。その関係を知りつつ、松子(米倉涼子)は、ブランド品を見につけ、豪華な私生活を、連日ツィッターに載せているまどかに、脱税していないかと、ぶしつけな質問をする。これが問題となり、まどかに無能呼ばわりされていた、国税局情報部門チームは、まどかの脱税調査を開始する。登場人物が多すぎて、ストーリーが霞んでしまっているドラマ、米倉涼子のファンにとっては、たまらないかもしれないが、最後のダンスパーフォマンスも、必要性が感じられない。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ