2010/10/31

人間失格  映画

太宰治の小説を映画化した、荒戸源次郎監督、生田斗真主演の映画をレンタルDVDで観た。
134分が幻想の中で進む、中原中也が、線香花火を浴びて、トンネルの中で消えてゆくシーンが美しかった。女性が次々と虜になってゆく、主人公の魅力がうまく描かれていたように思う。最後の場面で、電車の中の回想シーンは、人生を振り返る面白みが、盛り込まれていた。人生の最後に、今までの出来事が、走馬灯のようにめぐって来る、そんな死に方は理想的だろうと思う。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ