2006/8/2

蝉しぐれ  映画

藤沢周平の小説を映画化したものは、「隠し剣 鬼の爪」(永瀬正敏 松たか子)が有名だが、これは、いくつかの小説を合体させてひとつの物語にしたものだった。「蝉しぐれ」は、二十数年の時の流れを、自然を背景にたんたんと語られてゆく、染五郎と木村佳乃の表情がよい、男の友情もさわやかに描かれている。CGを駆使したアクション映画にはない、人の息使いが感じられる作品である。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ