2008/3/3

ひなまつり  行事

「うれしいひなまつり」という曲は、サトウハチローが作詞したそうだ。あかりをつけましょぼんぼりに・・・。この曲は、大正琴の教本にも載っている、3月のこの時期、皆さんが弾きたがる、孫のためにという理由は、上達への近道。お雛様を眺めていると心が落ち着くのは、母性本能から来ているのかもしれない。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ