2008/5/24

Evening(いつか眠りにつく前に)  映画

1000円で映画を見てきた。「Evening (いつか眠りにつく前に)」人生の最期を迎える老婦人アンを、枕もとで見守る二人の娘、混濁した意識の中でアンは、娘たちの知らない男性の名前を何度も口にする。意識と無意識の狭間を漂うアンの記憶は、1950年代のある週末の出来事へと遡っていく。歌手になる夢を持った24歳のアンは、親友ライラの結婚式でブライズメイドをつとめる為に、ロードアイランドの海辺の町を訪れ、そこで、ハリスと運命の恋におちる。だが、その恋には悲劇的な結末が待っていた。
 結ばれなかった愛、成功しなかった夢、完璧な母になれなかった後悔。かなえられなかった様々な出来事を人生の終わりに思い出す女性アンと、そんな母を見つめることによって、自分たちの人生をも見つめなおす娘たちを、包み込むような優しい視点で描いた、癒しと感動の物語。
 母の切ない想い出が、娘たちに幸福を求める勇気を与え、未来に希望を投げかけている。ヴァネッサ・レッドクレイブとナターシャ・リチャードソン、メリル・ストリープとメイミー・ガマーの母娘共演も見ごたえがあった。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ