2008/11/7

風のガーデン  テレビ

養蜂家の修(平野勇樹)が、ルイ(黒木メイサ)にデートを申し込むが、ルイは相手にしない。その頃、貞美(中野貴一)は、たびたび襲われるガンの痛みを、薬でごまかしながら仕事を続けていた。親友の妻に手を出していた罪の報いだと思いながら、そんな折、二神(奥田英二)の痛みを抑えるため、冠動脈拡張の緊急処置を施した貞美は、二神の娘、香苗(国仲涼子)に呼び出され、病院の駐車場に用意されている、緊急処置用の車を、父からの寄付だと貞美に告げる、態度が変わった父に、貞美の影響があったことを感謝している様子。貞美は、恋人の歌手から「カンパニュラの恋」がヒットしたら、自分の貞美への恋心が歌われているのだと、しばらく会えなくなるという貞美に、どこかで聞いていてくれるよう願う。風のガーデンに咲く、いろいろな種類のカンパニュラは、美しく、岳(神木隆之介)の花ことばに沿って写し出されて行き、風に揺らいでいる庭を眺めているだけで、心が休まる。人間のドロドロとした思惑は、自然の中では、つまらない出来事なのだと、作品からメッセージが送られて来ているように思う。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ