2008/11/14

風のガーデン  テレビ

貞美(中井貴一)と岳(神木隆之介)は、朝靄のたちこめるガーデンで鉢合わせしてしまう、岳は貞美を「大天使ガブリエル」(ガーデンの番人)だと勘違いする。その後、貞美は高校時代に付き合っていたエリカ(石田エリ)が経営する理髪店を訪れ、30年ぶりの再会にエリカは驚くが、昔話に花を咲かせる。病状を知らないエリカは、貞美が里心がついて、帰郷したと思いこみ、貞美が自殺に追いやった妻の話をする。一方、ガブリエルだと思い込んでいる岳は、グリーンハウスで貞美と、ピアノとチェロで「乙女の祈り」を合奏する。その様子を、娘のルイ(黒木メイサ)に見つかり、あわてて逃げ出し、クマのワナ用電線にふれて、気を失ってしまう。意識の戻った貞美は、二神から寄付された、救急仕様の車に戻り、夢の中で、亡くなってしまった二神の幻影を見、自分の死も近いことを悟る。空中から撮影された映像は、やはり神の視線のようで、富良野の季節の移り変わりと、人間の心の動きがうまく調和している。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ