2008/12/5

風のガーデン  テレビ

「第9話 ラムズイヤー」 
貞三(緒方拳)は、勘当していた息子、貞美(中井貴一)が余命数か月と知って衝撃を受ける。義姉の春江(草笛光子)に思いを打ち明ける。貞美の娘、ルイ(黒木メイサ)にも病状について話し、息子の岳(神木隆之介)には黙っておこうと提案する。花屋の同級生から病状のことを知った、貞美の幼馴染エリカ(石田エリ)は、生前葬を行ってしまったことを悔やみ、貞美が暮すキャンピングカーを訪れ、身の回りの世話をしたいと申し出る。その時、貞三が現れ、エリカは立ち去る。貞美と貞三は、数年ぶりに言葉を交わし、お互いに過去を謝罪し、和解する。美しい言葉づかいで、孫や子供に接する、思慮深いおじいさん役を、好演している緒方拳、もう亡くなってしまった人の演技は、透き通って見える。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ