2009/4/14

マスターズ・片山晋吾  スポーツ

これまで27位が最高であった、片山晋吾が、マスターズで4位という、日本人としては最高の順位を取った。上位3人(ケリー、キャンベル、カブレラ)は、プレーオフ、18番と10番を戦って、カブレラが優勝した。石川遼が、人気を引っ張って、片山晋吾が、最後を引きしめた、オーガスタ、来年も楽しみなゴルフメジャー第1戦。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ