2009/6/17

白い春 第10話  テレビ

心臓の病気で倒れたさち(大橋のぞみ)が手術を受ける、春男(阿倍寛)、康史(遠藤憲一)、佳奈子(白石真帆)は、さちの手術が成功すること祈り続ける。春男は、真理子(紺野まひる)の写真に向かって、さちを助けてくれと、頭を下げる、一方、勇樹(遠藤雄弥)は、いつも寂しそうにしている栞(吉高由里子)のために、彼女を捨てて出て行った父親の居場所を突き止める。そして、栞に会いに行くことを勧める。さちの手術が成功した後、栞は、春男に付添ってもらい、父親が経営する写真館を見つけるが、もう新しい家族がいて、自分が分かれた子供だと気付かれないので、春男との写真を撮ってもらうだけで、写真館を出る。栞は、さちに、春男が本当の父親だと、告白しそうになるが、それを、さちがどう受け止めるかが、最終回につながっていく。春男は自ら、さちのもとを去ろうとする、優しい二人の父親の間で揺れるさち、来週の完結編に想像を巡らせている。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ