2010/4/1

4月1日  日記

もはや人類は、地下に逃れたものだけが生き残り、地上は殺伐とした廃墟に埋もれ、ロボットたちと、昆虫の生き残りのみが蠢き、太陽光線は弱く地球を照らし、原子力発電だけが、エネルギーを供給していた。このままでは、人類は滅んでしまう。その時天上から、一筋の光が射し、えもいわれぬ美しい音が聞こえてきた・・・。100年後の地球(奈良)はどうなっているのだろう。エイプリルフールの戯言でした。`ε´日本´Д`
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ