2010/6/10

爆笑レッドシアター  テレビ

卓球から帰ってくると、もうその放送は始まっていた。「爆笑レッドシアター」、水曜日の夜、楽しみにしている番組は、昨夜2時間スペシャルで、柳原可奈子の脅威の新キャラは、見逃してしまった。が、気を取り直して11時まで、たっぷり爆笑、くまだまさしの屋久島ロケは、いまいちだったが、あとの企画は、面白かった。ゲストに山崎樹範さんが出ていたことも、番組を注視する要因だった。^▽^
0

2010/6/9

絶対零度 No.9  テレビ

タコワサカワサキは、こさかさき、タコワウタノミカタは、こうのみきの暗号だった。タとワを抜いて読むとわかる仕組み、酸素不足で呼吸困難な時に、こんな暗号を送れるかどうかは別として、絶対零度の第9話は、泉(上戸彩)の救出と、制限時間までの迫力が、ハラハラドキドキの連続、マスコミと警察の関係も織り込まれていて、興味深い内容になっていた。ラストのバッティングセンターのシーンは、いるのかどうか問題だが、絶対零度は、物質がすべて凍ってしまう温度、人の心も凍ってしまうのだろうか。
0

2010/6/8


庭の紫陽花が、日々色づいて、大きな青紫の花になってきた。アサガオも本葉が出てきて、そろそろ植え替えの時期がやってきた。確実に夏は歩んできている。植物は正直、手をかければかけるほど、美しい花を咲かせてくれる。夏の庭を想像しながら、雑草と戦っている私。
0

2010/6/7

チーカム会議  演劇

郡山城ホールで11月に行われる、カムカムミニキーナの20周年記念公演を宣伝するため、喫茶店の屋上にかける幟と、車のサンバイザーのデザインを決める、チーカム会議が、日曜の午後あった。出席者5名の知恵を絞り、劇の内容を想像しながらの作業、「水際パン屋」とツバメや、ラッコ、アザラシとのつながりは?カムカムの東京公演「浜燃ゆ」が、6月9日〜13日まであるので、チーカムの代表が、偵察がてら、高円寺明石スタジオに、差し入れを持ってゆくことになった。
0

2010/6/6

チェンバロ  音楽

歌のレッスンに行ったホールのロビーに、チェンバロが置いてあり、自由にさわってよいと立て札に書いてあったので、少し弾いてみた。黒鍵と白鍵が、ピアノと逆、弦楽器を叩いてるような音がした。やわらかい音色は、和楽器に近い。ピアノ
0

2010/6/5

郡山市民劇団  音楽

金曜日の午後、大ホールの舞台を使って、歌と発声練習、一人づつ観客席に向かって「サンタルチア」「ふるさと」「花」の中から一曲選んで8小節程を、小林正夫先生、指導のもと歌った。途中から、正夫先生の奥様、ピアニストの小林かずみさんが現れ、伴奏を引き受けてくださったので、舞台はよりゴージャスな雰囲気、いままでやったことのないことに挑戦するのは、とても楽しく、オーデションだったら確実落ちているだろう、自分の実力と向き合う、良い機会だった。´_`楽譜
0

2010/6/4

素直になれなくて  テレビ

ナカジ(瑛太)が、ピーち(関めぐみ)、ハル(上野樹理)、リンダ(玉山鉄二)の心をとらえている。ドクター(ジェジュン)を好きになろうと努力すれば努力するほど、ナカジを思い出してしまうハル、積極的に愛を告白するピーち、女性編集長、奥田(渡辺エリ)を受け入れられない同性愛のリンダ、複雑に絡みあった、ツイッター仲間。実生活では、木村カエラさんと結婚する瑛太さんの、演技から目が離せないドラマ。ハルが優等生すぎるような気がする。
0

2010/6/3

爆笑レッドシアター  テレビ

柳原可奈子さんに、スポーツをさせるコーナーは、いらないような気がする。昨夜は、側転に挑戦していたが、できないことを喜んでいる男性陣の目に、女性一人でがんばっているピン芸人への、芸では勝てないが、運動ではね、という優越感が、ありありと感じられる。お笑い番組だから、おかしければよいのだけれど、度がすぎているものは、ちょっと引いてしまう。
2

2010/6/2

絶対零度 No.8  テレビ

オープニングの映像は、桜木泉(上戸彩)が、未解決事件の犯人に監禁されている部屋の様子だった。共犯者が死に際に残した、謎の言葉「ロケット」、暗号文のような「タコワサカワサキ」、解決されていない問題は、次週に持ち越された。2話連続のドラマは、一週間が長く感じられる、女子高生ロッカー殺人事件の行方やいかに・・・。テーマソングの意味がありそうでなさそうな歌詞も、物憂げな雰囲気を醸し出していて、このドラマにピッタリ。
0

2010/6/1

奈良演劇祭 お疲れ様会  演劇

めくるめく図書館B班、ひさおちゃんとレナチが出演した、奈良演劇祭も日曜日に無事終わり、月曜日の夜は、しーちゃんが主宰する「お疲れ様会」が、わたみん家で行われた。脚本、演出のひさおちゃんに、質問が集中、レナチもアイスちゃんを連れて、練習の模様を熱く語ってくれた。来年に向かって、確実に前進している二人に、エールを送った。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ