2010/6/5

郡山市民劇団  音楽

金曜日の午後、大ホールの舞台を使って、歌と発声練習、一人づつ観客席に向かって「サンタルチア」「ふるさと」「花」の中から一曲選んで8小節程を、小林正夫先生、指導のもと歌った。途中から、正夫先生の奥様、ピアニストの小林かずみさんが現れ、伴奏を引き受けてくださったので、舞台はよりゴージャスな雰囲気、いままでやったことのないことに挑戦するのは、とても楽しく、オーデションだったら確実落ちているだろう、自分の実力と向き合う、良い機会だった。´_`楽譜
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ