2010/10/20

フリーター、家を買う。  テレビ

現代社会に問いかける、新しいドラマが始まった。ごく普通の若者がフリーターになり、ごく普通の母親が心を病む。この国のひずみを通して、家族の在り方を問う。商社勤務の父(竹中直人)、専業主婦の母(浅野温子)、しっかり者の姉(井川遥)。ありふれた家庭に育った武誠治(二宮和也)は、大学卒業後に就職するが、3か月で退社。転職先も見つからない、父は母に責任を押し付け、誠治も母に八つ当たり。そんな母に異変がおこる。真っ暗な台所でうずくまり、震えながら「ごめんなさい、今日死ねなくて」と繰り返す、重度のうつ病。責任を感じた誠治は、土木作業のアルバイトを始める。初回の内容は、ここまで、タイトルが示す、「家を買う」のはどうしてなのだろう。続きが待ち遠しいドラマが、また増えた。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ