2013/10/21

そして父になる  映画

カンヌ映画祭で受賞した、是枝裕和監督作品「そして父になる」を観てきた。2004年の「誰も知らない」に引き続いて、家族の絆を問う重厚な内容、観終わった後、自分でその後を考えさせる手法には、こちらに問題をなげかけられたようで、思わず絶句。映画の中で流れる音楽も、心の中にしみとおる、厳選されたものだった。夕焼け映画
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ