2015/6/24

かもしれない女優たち  テレビ

バカリズム脚本ドラマ「かもしれない女優たち」を観た。今、一世風靡している女優、真木ようこ、水川あさみ、竹内結子が、それぞれエキストラとして、悔しい日々を日記につけている人、友人が重要な役をつかんで行くことに不安を感じている売れない女優、出版社の雑誌編集者を演じ、その3人が、不思議な接点で交錯して行き、最後に成功の道を歩むという物語。前に「素敵な選タクシー」で観たような、後味がすっきりする脚色がバカリズムの味を出していて小気味良かった。
0
タグ: バカリズム



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ