2016/4/20

太田道灌  

「七重八重花は咲けども山吹の実の一つだになきぞ悲しき」と太田道灌が山里の民家で蓑を借りようとしたときに、その家の娘が山吹の花を差し出して、蓑もない貧しさを示し、その意味がわからなかった道灌が、その後、和歌を猛勉強したというお話、サザエさんの漫画で読んだような記憶がある。今日の誕生日の花は、やまぶき、気品という花言葉がある。俳句や短歌をさらっと詠めるようになりたい、今から勉強しても間に合うだろうか。チューリップランドセル
0
タグ: やまぶき



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ