2019/5/31

5月も終わり  演劇

古事語り部座、6月の松村稽古に備え、衣裳を整えている、このシーンには、あのシーンにはと考えていると衣裳が5〜6着要ることになり、とても着替えの時間がとれない。上手下手の何処に置いておけば良いのかも考えねばならず。公演が夏場だということで、いっぱい着込んでおくということも出来ない。松村さんから衣裳のオッケーをもらうのは、なかなか難しい。ドレス帽子
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ