2011/9/26

日輪の遺産  

浅田次郎著「日輪の遺産」を読み始めた。終戦直前、帝国陸軍がマッカーサーから奪った時価200兆円に上る財宝が、極秘裏に隠匿された。それは、日本が敗戦から立ち上がるための資金となるはずだった。そして50年後、一人の老人が遺した手帳が、その真相を明らかにしようとしていた。歴史の裏側に隠された、知られざるミステリー、あえて映画ではなく、文庫本で、浅田文学を味わっている。ノート
0
タグ: 浅田次郎



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ