2011/12/2

萩を揺らす雨  

「紅雲町珈琲屋こよみ」という副題がついている、吉永南央著「萩を揺らす雨」を読んでいる。オール読物推理小説新人賞に輝いた人気小説、文春文庫から11月に第9刷が刊行されている。小粋なおばあさんが、解き明かす日常の謎、老いの影も主人公の草に描かれているが、気丈に自立して生きてゆく姿に、思わず拍手を送りたくなる。おばあちゃんノート拍手
0
タグ: 吉永南央



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ