2012/4/29

白いリボン  映画

レンタルDVDで、ミヒャエル・ハネケ監督「白いリボン」を観た。全編白黒作品。1914年サラエボでオーストリア・ハンガリー国皇太子と、そのお妃が、暗殺され第一次世界大戦の導火線となった事件を軸に、オーストリアの片田舎で繰り広げられる、子供たちによる不可解な行動。封建的な、男爵や、家令、牧師の家族が描かれている。映画の良さは、居ながらにして、いろいろな文化、習慣を知ることができること、監督によって、偏った見解にはなっているけれど。ビデオカメラ
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ