2006/11/25

デスノート 完結編  映画

藤原竜也主演の「デスノート 前編」を6月に見たので、11月公開の後編を見てきました。長いお話を簡潔にまとめあげ、コミックとは、少し違う展開になっていましたが、結果は同じ、実写映画らしく、ハラハラドキドキのシーンがうまく盛り込まれていました。リュークの声が師童、レムが池畑慎之介だったことに完結編ではじめて気づきました。迫力あるステレオ音量だったのでわからなかったのです。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ