2015/1/31

衣裳作り  音楽

「七度狐」で使う、喜六、清八の衣裳を裾上げし、帯を縫いつける作業の後、「額塚」の通し練習を行った。コイコイキテーナは、全員出席していたので、細かい表情や、テンポなどにも留意して、繰り返し稽古に励んだ。やればやるほど、疑問点や、段取りの欠点が見えてきて、もっともっと劇の内容を理解していなければと気付く。演劇は奥が深い。バニー
0
タグ: 喜六 清八



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ