2015/11/22

双極やがて掌をさす  演劇

劇団EVENT-STATIONの第31回本公演「双極やがて掌をさす」を観てきた。八百屋舞台に布張りの背景、照明が効果的に使われ、608年の大和の国に引き込まれてゆく。神か仏か、神奈、鐘護流玲、蘇我馬子の立ち回りがスピーディーで迫力があった。主役が舞台から前転で飛び降りるシーンがあり、何度も稽古して身体大丈夫かなと心配になった。23日まで、リーベルホールで上演されている。天使衛兵
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ