2007/1/6

花びら餅  グルメ・クッキング

新春和菓子の代表が、裏千家の初釜に使われることでも知られている「菱葩餅」、宮中の正月儀式に用いられた鏡餅の上の薄い円形の白餅(大葩)と、その上に乗せた菱形の小豆餅(菱餅)で、「雑煮の意味の白味噌餡」と「押し鮎に見たてた、二本の蜜炊き牛蒡」を包んだ和菓子。菱餅の薄紅が透けるさまを花くだもの(桃・梅・桜)の花びらになぞらえている。「たねや」でさっそく購入し、大好きな叔母さんと娘と私で、百人一首のDS対決をしながら味わった。ゆっくりされているところ、急に訪問した私達をお許しあれ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ