2018/10/14

古事語り部座松村稽古  演劇

第4世代の物語作りが終わり、団員のアイデアを集めて「郡山ラプソディ−」の台本が松村さんによって仕上げられ、次回からは班の枠を取っ払い、台本に沿っての稽古が始まる。来年夏の公演にむけ、急ピッチで話が進んだ感じ。サキタハヂメさんによって新しい曲も続々出来上がってくる様子、浮ついた気持ちではいられなくなってきた。歌に演技にいろいろ励まねば。バニーダンス
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ