2018/11/11

古事語り部座松村稽古  演劇

来年夏公演の「郡山ラプソディ」、もう台本に沿った稽古が始まった。サキタハヂメさんが作曲した歌も5曲ほど出来上がっていて、シーンにそって流され、歌にあった振り付けも、しゃけさんや担当者に課せられた。ジリジリと火がついて、皆の闘志がわき上がってくる感じ。一人取り残されてゆく私、何事にも冷めている性格から変えていかねばと思うのだけれど、皆の熱さについて行けない。バニー´_`
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ