2008/6/25

「自虐の詩」  映画

堤幸彦監督、「自虐の詩」のDVDをレンタルで見た。原作がマンガ家の、業田良家だからなのか、人情喜劇の登場人物も、わかりやすい性格の人々が多く、何ももこの俳優でなかってもという、セリフと演技で、作品の内容が、進んでゆく。きれいに飛んでゆく御膳と、成長した熊本さん役が、アジャ・コングだったことが、印象的。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ