2020/10/19

「ふることぶみ」歌練習  演劇

来年9月に公演される「ふることぶみ」の歌練習が日曜日に行われた。古事語り部座のお稽古で集まるのは、一ヶ月ぶりぐらいで、皆に会えるうれしさで大ホールに向かった。マスクをつけディスタンスを保ち、一人ずつ母音で歌うという難しい練習もあり、次の練習からは暗譜という宿題も出た。だんだんお尻に火がついてきた。バニー
0

2020/10/14

タップダンス部  演劇

さけもとあきらさんが歌う「恋する金魚」に吉野先生が振り付けしたタップダンスを覚えるべく、アスモ4Fに一ヶ月ぶりに集まったタップダンス部の生徒はさけもとさんを筆頭に、マスクで息の苦しい中、何度もステップを繰り返し必死にダンスに食らいついた。帰り道はやり遂げた満足感で、コオロギのなく音も音楽に聞こえた。バニー♪x3
0

2020/9/9

タップダンス部  演劇

北海道の教室から帰られてすぐ、アスモ4Fでの郡山タップダンス部の指導に来て下さった吉野先生、一ヶ月ぶりのタップは、振り付けを所々思い出しながら「恋する金魚」のメロディーに合わせてステップを踏んだ。新しいタップも加わって覚えるのに四苦八苦、しかし、体をリズムにあわせて動かす楽しさを思い出した。バニー♪x3
0
タグ: 吉野寧治

2020/9/6

ふることぶみ2021年版  演劇

土曜日は、古事語り部座松村稽古、「ふることぶみ2021年版」台本の読み合わせが行われた。最後の30分間はそれぞれのシーン作り、いろいろなアイデアが出て、小道具や布のイメージが描けた。人が集まって話が出来るありがたさを存分に感じた。ダンス城
0
タグ: 読み合わせ

2020/8/30

古事語り部座始動  演劇

来年の「歌劇ふることぶみ2021年版」公演に向け、古事語り部座が動き始めた。郡山城ホールに祚・演出の松村武さんを迎えて、台本の読み合わせが行われた。久しぶりに会う劇団員の皆は、それぞれに成長していて頼もしい限り、マスクとディスタンスを保ちながら旧交を温めた。風邪バニー
0

2020/7/29

タップダンス部日程変更  演劇

タップダンス部の練習が月曜日に変更されていたことをすっかり忘れて、第4火曜日の昨日、アスモ4Fに行ってしまった。誰もいないフロア、まだ15分前だし今日は皆遅れているんだなどとのんきな考えをしながら、窓を開けたり、扇風機を付けたり、すぐに不安が襲ってくる、まてよ前回の終りに先生何か言っていたよなそうだ、日にち変更されていたんだ。すぐに窓を閉め電気を消して、そそくさと守衛さんに間違った旨伝えて、駅前のスーパーで買い物をして帰って来た。バニー汗
0
タグ: 空振り

2020/7/13

猿女のリレー  演劇

演劇開始の30分前から音声が流れると聞いていたが、画面は開始何分前の表示がくるくる回っているだけ、2時になったら中継されていませんの文字が、これはおかしいと右クリックで更新するを表示させて左クリック、やっと舞台を観ることが出来た。冒頭部分は見逃してしまったけれど、カムカムミニキーナ30周年公演「猿女のリレー」観ることが出来た。いつものスピード感、松村演出は、みどころたっぷり、火事の場面の銀色の布、赤い本のリレー、672年、1600年、2020年が交差する舞台、タイムマシーンに乗っているかのような錯覚を起こしてくれる演劇、観終わった後パソコンの前で拍手している私、ああ面白かった。777
0

2020/5/7

「12人の優しい日本人」を読む会  演劇

昨日14時から前編と18時から後編のオンライン劇場がYoutubeで流れた、「12人の優しい日本人」を読む会、映画にもなった三谷幸喜氏の作品を、オンラインでそれぞれの役者さんが自宅から配信、Zoom
で1号から12号まで区切られた画面から、重厚なセリフが飛びかって、あたかも自分が陪審員室を傍聴している感じ、三谷さんがドミソピザを届けるあたりは、チャップリンかヒチコックの演出を観ているような錯覚に陥った。オンラインでもこれだけの演出が出来るのだと、びっくり。前半が終わった15時半から18時までの散歩、入浴、夕食は、かなり早まきできつかったけれど。
0

2020/4/25

ドラゴンクエストバレエ  演劇

ドラゴンクエストバレエのビデオがyoutubeで24日の午後8時から流れると、息子からスカイプに連絡があった。昨年フランスで公演されたもので、オリジナルなストーリーと曲のアレンジでドラゴンクエストの何話目かが集約されたバレエ、勇者が仲間を集めて強くなっていく様子が面白く、トルネコや敵の妖怪が上手く描かれていた。あっという間の40分間、鑑賞後は息子とスカイプで批評しあい、なかなかなオンライン鑑賞会となった。ダンス
0

2020/3/7

衣裳、小道具返却  演劇

「郡山ラプソディ」で使った衣裳と小道具を郡山城ホール事務室の返却箱に返してきた。映像収録公演が終わって1週間、返却箱はほぼ満杯になっていた。みんな行動がはやいけれど、お稽古があるわけでもないので、古事語り部座の皆に会うことは、次のお芝居の練習があるときまで無い。ロス感をひしひしと感じながら帰途についた。バニー風呂
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ