2008/4/14

音の記憶と現実。  ★日々の小さなひとりごと。

夜中に目が覚めて、見るでもなくテレビを付けると
いつもやってる通販の番組。初めてひっかかって
買ってしまった、Disco Freak の6枚組のCD.
若い頃、ディスコが大好きだった。バブルの時期より
もっと前の、ソウルトレインの世界である。
私の体力は、あそこで出来たんじゃないかと思うほど
朝まで踊っていた。お酒を飲んだり、誰かとしゃべっ
たりするよりも、踊ってる事がホントに好きだった。
考えたらすごいパワーだったよな。20代までは。
40前になって、その頃の音楽をかけているクラブ出来、
若者を引き連れて、たまに行ってはストレス発散してた。
最近体力の衰えを急激に感じ、ウォーキングを始めたが
音楽をかけてないとどうも退屈。これはいいかもと買って
みた。商品が届いて、かけてみるとなんとも懐かしい
曲の数々。あの頃のパワーを思い出した。嬉しくなって
聞きながら歩いてみた。心はワクワクいい感じ。
だがしかし、これに合わせて軽快に歩く体力が無い!

クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ