2009/3/31

3月終了。ちょっと焦るよな〜。  ★日々の小さなひとりごと。

今年は気候が安定せず、冬は暖かくて、
雨も少なく、その分春になるのがいつ
なのか良く分からないほど、暖かく
ならない。いつもなら、冬の間に終わら
せてるHPの更新もまだ、今年始めようと
思ってる通販の事もまだ、お土産に
作り始めたカレンダーもまだ、まだまだ
続きにちょっと焦るよな〜。

4月になったら、umiの入学とINOCCHIの
トライアスロンがあって、これまた
きっと、進むのが遅くなる。
それでも季節は勝手に進み、店も少し
づつ忙しくなって来たし、INOCCHIの
ツアー予約も飛び入りが増えて来た。
いや〜、実に今年は焦ります。

かと言って、焦ったからと言って
用事が進むわけもなく・・・。深呼吸でも
して、さあ、頭整理しよう!

明日は4月の1日で、エイプリルフール
だから、いっそ自分に嘘ついて、
「よし、用事は全部片付いた!
後はシーズンインを待つばかり!」
っと叫んでみようかと思ったりして・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

2009/3/29


今日は旧暦の3月3日。浜下りの日。
旧暦上、1年で1番潮が引くとされる日
新暦のひな祭り同様、旧暦でも3月3日は
女の日で、女、子供が浜に出てる。
多分、昔はこうゆう日以外女、子供は
海に行っちゃいけなかったんだろう。
海の神様は、なんと言っても女だからね。

INOCCHIのツアー予約があったから、
私も店を開ける気にしていたが、朝から
雨でツアーは明日に延期になった。
昼までずっと降り続くし、店も閉める
事にした。なのに、2時位から太陽が
顔を出した。ちょっとだけでも、umiを
海に連れて行くか?っと、急に決め
あわてて船を出してもらった。
クリックすると元のサイズで表示します
INOCCHIの小さいもずく船に、umiと
私が乗るのは、たいていサニツと
ハーリーの年に2回だけ。それでも
umiは、船を怖がらない。怖がらない
どころか、風も強くて波がかぶると
大喜びで笑いだした。なんか変なやつ!
クリックすると元のサイズで表示します
パナリ(離れ島)に上陸し、貝拾いでも
するつもりだったけど、貝はあんまり
見当たらない。目立つのはナマコばかりで
umiはナマコを踏まないように歩くのに
必死で、貝拾いどころじゃない。
クリックすると元のサイズで表示します
帰りは船の先頭に立って、わけのわからん
歌を大声で歌って、ご機嫌のumiだった。
波が来て船が揺れたり、波をかぶったり
不安定な船の上が大好きなとこ、私に
そっくりだな〜。
来年から、サニツの日が土日でない限り
3人で浜下りする事も難しくなるから、
少しでも浜に出れて、よかったね。


2009/3/27

揺れ動く、umiのお気持ち!  ★おかんのつぶやき

我が家では、習い事はひとつ。
umiが自分で決める。って言っても
行った事ないとこは分からないから
春や夏の体験教室とかを見つけると
行かせるようにしている。

幼稚園の時、お習字を習っていた。
お習字自体は好きだったみたいだが、
ある時から急に集中力が無くなって
持って帰って見せる字に力が無くなった。

続けるの?って聞いたら、3月までやると
言ったが、どんどんヤル気が無くなって
いるので、やめさせた。

お金が掛かるのもあるけど、umiが
自分で決めて、自分で意味のある物で
なければ何も習わなくていいと思ってる。

学童のお友達がいろんなところに通うって
いるので、umiも何か習いたいらしい。
小学生になったら、ホントにやりたい事
ひとつだけなら習っていいよって言ってる
から、今はお父さんが通うプールと公文の
二つで揺れ動いている。どっちも春休み中に
体験教室に行くので、それが終わってから
決めるようだ。

最近特に思うけど、子供は自分とは違うから
自分のいいと思う事、通用するはずない。
まだ子供だからと言って、こっちが決めて
しまったら、投げ出すのも速いはず。

何を習ってもいいけど、しっかりゆっくり
自分で考えて、自分で決めて、自分で習おうと
する事、そこが大事だと思っている。

クリックすると元のサイズで表示します

2009/3/21

ゴールの先に何が見えるんだろう。  ★亭主ってやつは・・・。

3年前、市の健康診断でメタポのハンコを押され
仕方なく、私とumiに促されて始めたウォーキング。
3歳のumiよりも早く根を上げて、コンビニを
見つけると買い食いし、何の為に歩いてるんだか
よく分からない感じだったINOCCHI(我が旦那)

それが今では、100kmマラソンの完走者で、現在、
宮古島のトライアスロンのウエイティング(補欠)
今か今かと、出場権を待っている人になった。
まあ、その間にいろんな事があって、トライ
アスロンに挑戦する事で、自分自身の何かを
変えていきたいと思ったらしい。

体の為に始めた、ウォーキングやジョギング
なんだけど、もともと極端な性格だから、やり
出したら今度は止められない。練習中心の生活に
変わり、歩け!走れ!とけしかけていた私が
今度は、お願いだから仕事して!たまにはumiと
遊んであげて!っと、変わってしまった。
毎日、夜はプールにランニングで家を開け、
進まない仕事に、何かと言えば喧嘩になる。

ここまで頑張って来たのだから、早く通知が
来て、4月19日に花火と共に完走させてあげたい
な〜っと、練習メニューや食事面でフォローは
している。でも最近よく思う。
クリックすると元のサイズで表示します
INOCCHIにとっては、完走する事が全てなんじゃ
ないんだろうかと。思い起こせば、最初のマラソン
大会だった伊良部島のハーフマラソン。
歩いてるんだか走ってるんだか、タイムも3時間半
位だったと思う。それでも、umiはまだかまだかと
応援を続け、ゴールに向かって来たお父さんに
飛ぶ付いていった。あれから3年。umiが喜ぶ
完走メダルは箱いっぱいに溜まっているけど、
INOCCHIにとっても、完走メダルが嬉しかったのは
あの伊良部マラソンが一番だったんじゃないかな?
クリックすると元のサイズで表示します
INOCCHIにとっての挑戦が、トライアスロンの
ゴールなら、ゴールの後に何が残るんだろう。
私にとって、INOCCHIの挑戦はスタートの日をどう
迎えるか、通知が来ないこの日々や、どんな気持ちで
スタートラインに立てるのか、そう、今が一番の
INOCCHIの挑戦なんだと思っている。

喧嘩になる時、必ず旦那は言う。走って無い
お前には分からんと。確かにしんどい練習をしてる
のはINOCCHIだけど、独身でお金にも余裕があって
始めたわけじゃない。子持ちの忙しい仕事を持った
INOCCHIが、それを承知の上で何かの為に始めた事
なのに。そんな事言い始めたら、切りが無いよ。
そしてもちろん、umiや私もそれを承知で応援した。

3年前から比べれば、もう充分なほど体はスリムになり
今では、走れば走るほど健康に悪い気がするマラソン。
何の為に走るんだろう?何に挑戦するんだろう?
あんなに走れなかったお父さんが、こんなに走って
私達にとっては、もういつでも満足。でも、私には
貴方が満足するのはどこなのか、分からない。
クリックすると元のサイズで表示します
それでも、通知が来る日まで、それでもゴールする
日まで、きっと応援するんだ。INOCCHIがゴールの先に
何を見て何を感じるのか、私はやっぱり見てみたい。




2009/3/19

幼稚園修了!  ★おかんのつぶやき

今日はumiの幼稚園の修了式だった。
5年も通った保育園から比べたら、たった
1年の幼稚園生活だったけど、その1年での
変化や成長は目覚しいものに思える。
クリックすると元のサイズで表示します
最初の1週間以外、1人歩いて幼稚園に通い、
途中で出会うお友達や、小学生の先輩と話し、
昼からは学童で他の幼稚園や小学生と遊び、
いろんな事を教えてもらって、いろんな歌を
歌っていた。生意気な言葉も覚えては来るが、
それもまた、成長!幼稚園はやっぱり学校の
始まりで、ひとりっ子のumiにとっては、学童が
子供同士の縦のつながりを覚え、子供同士の
遊びと関係を持ち、楽しめる大好きな場所。
クリックすると元のサイズで表示します
学校や学童など、子供達と遊べるところが
大好きなumiに育ってくれた事が、とっても
嬉しい。もうすでに、お母さんやお父さんと
遊ぶ事より、お友達を遊ぶ事を選ぶ!だよね〜!

考えてみれば、umiが生まれて6年半。
生まれたての、泣く事とおっぱい飲む事しか
出来なかったumiが、もうすぐ小学生になる。
同じだけの月日が流れているのに、親は方は
6歳年をとっただけで、umiの6年半の成長
から比べれば、大した変化は無いもんな〜。
クリックすると元のサイズで表示します
umiを育てている間に、知らず知れずに歩みを
ゆるめてしまった自分の成長。これを機に
また、自分も成長し続けなくちゃと思う。

クリックすると元のサイズで表示します

2009/3/15

umiの日記。  ★おかんのつぶやき

小さい時からよく遊んでた、お友達がしばらく
北海道に行くことになって、昨日も今日も
一緒に遊んだ。親が友達で、本当に小さい時から
家や店でよく遊んでた。6歳、4歳、3歳のこの
3人は年も性格もバラバラだけど、ケンカしながら
各自、自分らしく遊んでいた。
umiは、しばらく会えないこと、どれ位
分かってるのかな〜っと思っていたのだが・・・。
今日のumiの日記の、最後の文章は
「riraはあした、ほっかいどうにいきます。
しばらく、いっしょにあそべません。」
もう、ちゃんと分かってるんだな〜。

クリックすると元のサイズで表示します

2009/3/13


来週、umiは幼稚園を卒園する。
去年の春、幼稚園の入学式の時、
担任の先生の始めてのお話を聞いた時、
いい話だな〜っと思った。

店をやっていて、送り迎えもしないから
個人的にお話したのは数回だけど、
umiから聞く幼稚園での話を聞いていると
やっぱりumiは、いい先生にめぐり合った
な〜っと思った。そして、私も・・・。

昔から、自分は60歳になったら本を書く。
っと言っていたが、時間に追われて
(いやこれも言い訳だけど)形には
なって行かなかった。
それ以上に、自分はどんな物をどんな風に
書いて行きたいのわからなかったのかも。

umiが生まれて、自分が誰に何を伝えたい
のか良く分かって来た頃に、先生が言われた
最初の言葉が頭に残って、お話にしてみた。
クリックすると元のサイズで表示します
恥ずかしながら、それに写真を付けて
幼稚園の読み聞かせの時間に、読んでみた。
私は絵がまったく書けないからと、話したら
お話の後、子供達が絵を書いてくれた。
その絵が、すっごくかわいくて、またその絵を
写真と一緒に入れて、作り変えた。

これまた、時間が無くて、思った通りの
ものにまでは出来なかったけど、何とか
卒園までに完成し、昨日umiに持って行って
もらった。お礼の電話を頂いたが、私は
何より、こんなきっかけを頂いて感謝してる。

自分に魔法をかける事で、勇気が出る事、
子供達にも大切な事だけど、大人になっても
とっても大事な事なんだ。子供に伝えたい
事は、大人になっても忘れてはいけない事
ばかりで、だから、子供の頃先生から教えて
もらった事は、本当に宝物です。

思春期になって、忘れていても、人生の一番
辛い時や、苦しい時に、きっと思い出すから。
先生、一年間本当にありがとうございました!

クリックすると元のサイズで表示します

2009/3/9


今日は朝から雨です。
どうも、空が暗くて雨が降り続くと
心も重い気がします。

考えてみたら、この世の中で、こころが
あるのは人だけだもんね。人のすぐそばで
共に暮らしている、犬や猫だけには少し
芽生える気がするけど・・・。

食べて出して、寝て起きて、動いて休んで
本能のままに生きている動物達より、
豊かに生きる為に、人には心があるんだろう。

だけど、その心がある分、空が晴れたり
曇ったり、ただそれだけで、心が晴れたり
曇ったり、左右されてしまう。

ずっと、晴れのままいけたらいいけど、
そうもいかないから、人なんだろう。
でも、曇った心の日もあるから、心が晴れた
日の自分を幸せだと思える気がする。

クリックすると元のサイズで表示します

2009/3/8

親のふり見て、我がふり納得!  ★日々の小さなひとりごと。

大阪から私の両親が遊びに来ていた。
もう数年前から、宮古島に住めば〜?っと
言っているけど、どうも住み慣れた大阪が
いいようで、こっちに住まいを移す気には
ならないようだ。年取って来て、足腰が
弱ってきたから、もういつ旅行にこれるか
わからないからと、急に思い立ったようで
わずか3泊で宮古島に来た。

雨続きで、観光などほとんど出来なかったが
孫と遊び、温泉など行って、あわただしく
帰っていった。umiは、毎日お外でご飯を食べ
お祖母ちゃんに絵本読んでもらって、ご機嫌。

自分の老後も心配しながら、我が子や孫に
迷惑かけたくない気持ちが、どうもひねくれて
意地っ張りになっていく、我が親を見るたび
自分の曲がった性格に納得する私である。

クリックすると元のサイズで表示します

2009/3/3

桃の節句、なんだけど・・・。  ★おかんのつぶやき

先週、大分のお祖母ちゃんから、ひなあられと
白酒が届いた。わ〜い、後は即席のちらし寿司
と、吸い物かなんか作ればいいな〜っと思って
明日買物行ったら、買おうね!っと思ってた。
待てよ、よ〜く考えたら、3月3日は今日でした。
やばい!どうしよう。

店をやってるから、朝買い物に行かなかったら
夜まで買い物に行けない私。

しゃ〜ない、冷蔵庫にある、シラスとカニカマ
ワカメとインゲンと錦糸卵で、ちらし寿司っぽい
ものを作った。これとお吸い物だけじゃな〜。
今ある食材で、umiの好きな物を探したら、
ポークにウインナー、トマトにセロリ。
え〜い、これを重箱に詰めれば何とかなるか。

ケーキも買ってないんだよな〜。
そうだ、ココナッツのガナッシュなら、すぐ
出来る。う〜ん、ココナッツって桃の節句に
あうのかな?いやいや、菱型に焼けば・・・。

考えてみると、桃の節句は、なんだか毎年
こんな感じ!ごめんね〜!umi!

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ