2009/8/30

一筆書いて、もらおうか〜!  ★おかんのつぶやき

学童を辞めたumiにとっては、始めての
夏休み!病気の時と(それでも家でテレビの
前でやっていた)たった一度寝坊した日を
除いては毎日ラジオ体操に行き、公文の
宿題を毎日やり、店のお手伝いをがんばって
3200円貯めた。約束通りDSは買ってやり、
ソフトは自分のバイト代でマリオを買った。

がんばったご褒美にと、漢字のソフトも
買ってあげた。夏休みの宿題の作文に
ソフトを買えました。うれしかったです。
と書かないといけないからと急かされ
宿題も終わったしと、昨日買いに行ったら
その後ゲーム三昧!まあいいか、新学期に
なったらやってる時間あんまり無いし・・・

しかし、すぐに約束をやぶり大きな雷が
今日落ちた。お母さんは怒った!
そして、ゲームに付いての約束事を
再度確認の上、umiに一筆書かせた。

学校から帰って、明日の用意と宿題を
終わらせてからしかやれない事、一日
一時間しかやれない事、お友達間の事は
ややこしいので、なるべくお友達には
持ってる事言わない。大人の居ない家で
子供達だけでやらない等。約束やぶっ
たら、即座にDSはごみ箱行きだ!

一年生からのお約束はその他にも、
小学校のお友達とは、自分達で約束して、
なるべくお友達の家族に面倒を掛け
ないで、自分達で遊べる事を考える。
お友達のお家の人と、車でどこかへ
遊びに行ったりしない。一年生に
なったら、子供達でケンカしながら
考えて遊ぶ、それが大事だと思ってる。

umiもそろそろ反抗というものも覚え
他のお家はこうだったよとか、そんな
事言った覚えは無いとか、都合の悪い
とこだけ小さな嘘をついたりするので、
よそはよそ!うちはうち!よそがいい
ならよそへ行け!っと言い返している。

昨日は、お母さんが正しいならよそは
間違っているのかと言われたので、
どこのお家も間違って無い、ただ
お家にはそのお家の決まりがあるだけ。
だから、家の決まりはよそが良くても
うちはダメ!ダメなものはダメ!

DSだって、嬉しくてお友達に見せびら
かしていたら、ゲームがダメなお家の
子は遊んでくれなくなるよ!っと言って
おいた。よそに行ったら、よその決まりで
やるんだよ。我が家の決まりを守る事は、
よそのお家の決まりも尊重する事でも
あると思うんだよね〜。

2009/8/28


クリックすると元のサイズで表示します
私は小さい頃、洋裁をしてた母や和裁を
してた祖母の残り布を引っ張り出して、
遊んでいた。布の上にリカちゃん人形を
乗せて、適当にハサミで切って縫い、
ものすごくいい加減な洋服を作ったり、
残布のままの形をクルクル巻いて遊んで
いた。その後、被服科のある高校に入学
したが、1年の二学期に中退した。
販売から入った洋服の会社。数社変わる
うちに企画をするようになって、夢の
ひとつがかなっていたと思ってた。

最近また自分の服を自分で作りたいと
思い始めているのだが、やっぱりそれは
小さいころと同じで、適当に切って
適当に縫って、巻いたり羽織ったりする
ものなんだな。一枚の布で着る事も出来る
けど、風呂敷やシーツ代わりにもなる、
そんなものが作りたいと思って試行錯誤
しております。やっぱりその感覚は、
洋裁より和裁に近いんじゃないかと思う。
多分まだまだ出来ないかも知れないけど
私の楽しみ。夢のひとつです。


2009/8/26


クリックすると元のサイズで表示します
今、数度目かの夏の忙しさのピークに来てる。
夏休みのumiのアルバイトはもう、子供の
暇つぶし程度のものではなく、本気のスタッフと
化している。メニュー運びから、お茶運びは
今までもやっていたが、最近じゃグラスに
氷を入れてお茶を作ったり、ビールやコーラ
くらいなら自分で作って持っていく。

オーダーとって来るのが不安材料だったが、
自分で考えて、メモに前もってメニューを
書き、それに○をするという方法を考え出した。

私も昔よく言われたが、客商売には天性のものが
あって、その子が居るだけで店にお客さんが
集まったりする。umiはまさしく招き猫。
今日はumiが「おかあさん、もっとお手伝いしたい
から、もっとお客さんが来て、席がいっぱいに
なったらいいのに〜!」っとつぶやいたら、
その後、店は大忙しの満席になった。

今日のumiの日記には
「ねがいがかなってうれしかったです。」
っと書いてあった。すげっ!

2009/8/24

忘れないでいたい事。  ★日々の小さなひとりごと。

クリックすると元のサイズで表示します
暑い!暑い!と口癖のようにつぶやき、
小さなタオルでしょっちゅう顔を拭く。
ここに居るのが普通になって来てから
暑い事が辛いと感じるようになった。

大阪で暮らして居た頃は、暑い夏に
あえて金を払い、沖縄に旅行に来て
炎天下の浜にテントを張っていた。
今日のようなお天気の日に自転車で
島をまわり、毎日泳いでいた。

今じゃ、仕事が終わるとすぐに、水を浴び
クーラーの付いてるところに飛び込んでいく。
でも、それが暮らしていると言う事なんだろう。
でも、忘れてはいけない事でもあるよね。

2009/8/17

長い間御苦労さま!  ★日々の小さなひとりごと。

クリックすると元のサイズで表示します
私が大阪で店を始める時、道具屋筋で買った
鉄のフライパン。ちょっと大きめで重いけど
やっぱり鉄がいい!っとプロ用のを買った。

大阪の店の人気メニュー、なすびの田舎煮
焼きそば、焼飯等はこのフライパンで作られ
ていた。毎日、十数回もこのフライパンを
振って、手は腱鞘炎になっても、こいつは
文句も言わず働いていたんだよね〜。

8年やったその店が、建て替えで立ち退きに
なって、私は宮古島に来た。その頃になると
このフライパンはボロボロだったけど、薄く
なって持ちやすくなってたから、買い替えず
宮古島に持って来た。それからまた8年。

都合16年使ってた、私のかわいいフライパン。
本日とうとう穴が開きました。すごい!
なんか感動!鉄に穴があくまで使ったなんて!
すごくない?ホント長い間お疲れ様!

2009/8/12

飼主はだれ?  ★おかんのつぶやき

クリックすると元のサイズで表示します
数年前、小学校の近くでさまよっていたチビを
誰か飼ってくれる人を探して欲しいと、預かった。
umiが、ちゃんと世話をするからと言い出して、
そのままtaka's parlorで飼う事になった。

その頃まだumiは4歳位だったから、小学生になる
までは散歩はお父さんと一緒に行くけど、小学生に
なったら、一人で行く。餌はumiがあげると約束して
umiが飼い主になった。小さい頃は、反対にumiが
チビに泣かされたりしながらも、かわいがっていた。

しかし、チビを飼ってる事に慣れて来た今日この頃、
自分のしたい事が優先されたり、やずぼら心が出て
すっかりチビは飼い主にほったらかさてる事が多く
なった。最近じゃ、umiが来ても散歩の時間と認識
せず、INOCCHIが来た時に大喜びして、散歩を待つ。

私の顔を見たら、かまって欲しがったり、餌を
欲しがったりする。これじゃあ、誰の犬か分からん。

台風の間だけ店から家に連れて帰るが、家には猫が
いるから、それはそれは大騒ぎになる。それでも
umiは知らん顔!もちろん、私の大きな雷が落ちた!

何度言っても、いい加減な返事ばかりしてるから、
「umi!もうお母さんはチビを飼えません。どっかに
捨てて来て下さい。このままだと、チビがかわいそう
だから、もっとかわいがってもらえる所にあげよう!」
「umiは、チビのお母さんになる資格はありません!」

私もよく親に言われた言葉だ。本当に捨てに行かされた
事も何度もあった。やっぱり捨てきれないで、泣いて
親に頼んだものだ。「絶対に絶対に、自分で世話
するから!お願い、捨てないで。」っと。
その頃は、なんてひどい親だと思ったが、それが正解!
生き物を飼うって事はそう言う事だ。

小学生になったumiは、適度に親に歯向かう事や、
逆らう事も覚えた。なんでumiばっかり?とかね。
今日はもうはっきりさせようと、umiに今一度本当に
チビを自分で飼う気があるのか?問いただした。

チビは生きてる事、umiと同じようにお腹が空いたり
おしっこに行きたかったり、寂しかったりする事。
umiがやらないと、チビは1人で何も出来ない事、
じゃまくさかったり、面倒だったりするだろうけど
自分のやりたい事少しだけ我慢して、チビの事した
あげる事で、チビはumiになつく事、飼い主が誰か
分かる事。怒ってるうちに、そうだよな。子供育て
てる時と何も変わらん。

「umiがちゃんとお世話するから、赤ちゃんを産み
たいと赤ちゃん産んだ時、テレビみたくてご飯あげな
くて、お母さんが怒ったら、umiはやればいいんでしょ!
って言うの?umiはお母さんが怒るから、何かのお世話を
するの?お母さんそんなん言ったら、umiは悲しくない?」

もちろん犬と人間は違う。犬は犬。でもその犬の世話が
ちゃんとできないで、人を育てる事は出来ないはずだ。
ちょっと助けてやる事も必要なのかも知れないけど、
やっぱり、突き放す事も大事な気がする。
犬の育て方や、子供の育て方の本を買ってその通り
しなくていいように。

って事で、再度チビの飼い主はumiと確認され、散歩も
エサもumiが全部やり、約束やぶったら、チビは捨てら
れる事に決まりました。もいちどチビを飼うと決めさせた。
ホントに捨てる事は出来ないので飼い主探します。

2009/8/9

49回目の誕生日。  ★日々の小さなひとりごと。

わたくし、恥ずかしながら(?)49回目の誕生日を
迎えてしまいました。言い方を変えれば、あと
1年で50歳になるわけで・・・。

ちょうど10年前の39歳の頃は、大阪でBARをやって
いて、よく店で「40代になって老けこむのも嫌だけど、
こんなままの40代になっていいんかな?」っと
よく言っていた。結局、内面や言動などは、なんの
成長もないまま、外面の顔や体格だけが年取って
いっただけって気がするな。

40代で私が大きく変わったのは、母になったって
事位。しかし、思い返してみれば、私の人生、
10代、20代、30代、40代と何かテーマがあるように
やってる事がすっかり変わる。

10歳まではちょっと変わってはいたが、まあ子供。
10代から立派な不良になり、遊びまくっていた。
20代は婦人服の販売や企画をやり、働きまくった。
30代で自分の店を持ち、貧乏ながらも楽しく飲んでた。
40代で宮古島に移転し、店をやりながらumiを育てた。

さて、50代の私にどんなテーマが待ってるんだろう?
後一年!いつも代が変わる前、何かが少しずつ変わり
始め、変化の気配を感じている。だけど、毎度の
事ながら、どんな風に変わるのは、動き始めてしか
分からない。いつも突然、これだ!って動き出す。

昔から、何だか変な目標だけは持っていて、40歳で
免許(車のね)を取るとか。それがまた、ピッタリ
やれたりするからおもしろい。60歳で大学に行く
って言うのも、umiの大学受験とかぶるから、案外
出来たりしてね。でも、50歳で○○っていうのは
考えてなかったんだよね。

さて、50代どんな私が待ってるんだろう?
さてさて後一年、50代に向けて私はどんな準備が
出来るんだろう?恐いながらも楽しみだ!

クリックすると元のサイズで表示します

2009/8/6

台風8号接近中!  ★宮古 久松 島暮らし

クリックすると元のサイズで表示します
この夏始めて、台風が宮古島に近づいてる。
ここ数年、台風の被害にあってない宮古島。

台風が来ると、観光客の人は困るし、店の
被害も心配なのだが、来るべきものが来ない
のも、それはそれで良くないんだと思う。

台風が来ると、いろんな被害が出るけれど、
台風がずっと来ないと、もっと深刻な被害が
出る気がする。ゴーっとなる風の音がなんだか
懐かしく、ちょっと嬉しいて、気持ちいい。

今日テレビで、台風で飛行機が飛ばなくなった
那覇空港を写していた。観光客の人は、
「仕事があるので、今日中に帰りたい。なんとか
帰れるように手配しています。」と慌てていたが、
沖縄のおじさん達は、「天候の事だからね〜。
仕方ないね〜。」っと諦めて笑っていた。
その辺の感覚が、身に付いて来たあたり、沖縄に
馴染んで来たって事なのかもな〜っと思った。

2009/8/2

ハードスケジュ〜〜〜ル!  ★おかんのつぶやき

学童から参加する為、数ヶ月前から毎週練習
してきたエイサーペイジェントの本番の日。

umiは朝から、ソワソワしている。喜んで
早く衣装に着替えると言ったかと思えば、
間違わないか心配して、行きたくないと
言い出したり、ワクワク、ドキドキだ!
クリックすると元のサイズで表示します
すっごく暑くて大変だったみたいだが、
それだけに、達成感があったようで、満足
そうな顔で帰って来た。シャワーを浴びて
しばし昼寝の後、オリオンビールフェスタへ!

夏のイベントの集中するこの時期、本日umiは
ハードスケジュールです。親の方は止めても
いいんだけどな〜っと思っていたが、子供に
とってのお楽しみ。夏のお祭りは今日が最後
だからね。従姉妹からもらった、お気にの
浴衣も、見上げを全部ほどいて着せているから
この浴衣も今日で最後だ!すでに、来年用の
もう少し大きな浴衣を、お客さんからお下がりに
頂いていたのだが、来年はもう着れないからと
umiがこっちを選んで着た。大人気で行列に
並んでも手に入れた、カキ氷にわたあめを手に
ニンマリ喜ぶumiであった。楽しみにしてた
花火は何故だかビビッて後ずさりしてたけどね。
クリックすると元のサイズで表示します
まだ、夏は入り口なのに、ビールフェスタが
終わると、夏が終わった気がするのは、私だけ?
いやいや、学童をやめたumiの夏休みはまだまだ続く。
母のハードスケジュールは今からだよね〜!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ