2012/12/31

これやりたかったんだー!  ★宮古暦と日本の暦

私のお祖母ちゃんは小学生の時に亡くなったん
だが、お祖母ちゃんの言っていた事は何故か
しっかり覚えてる。

貧乏な家に生まれて、親戚のお金持ちの家に
養女に行って、明治や大正時代に女学校を
出て、お茶お花、詩吟長唄、和裁もやった。

でも、養子で結婚した旦那さんがその家と
合わず、結局2人で家を出て、またそこから
貧乏暮らしだったらしい。私のお祖父ちゃんに
あたるその旦那さんは私の父が子供の頃に
亡くなっているから、私は顔も知らない。

そんな家に嫁に来た私の母は、貧乏なくせに
古臭いしきたりや風習を教え込まれ、大変
だったと言っていた。私にもそうで、小学生の
時に祖母が縫ってくれた着物を着るとなると、
着付けから教えられる。貧乏長屋に住んでいる
のにお茶の稽古をさせられたらたまらんよね。

でも季節になると、淀川の堤防まで行って
ヨモギを摘みヨモギ餅を作ったり、七草摘んで
七草粥。ひな祭りにはちらし寿司、冬至になると
かぼちゃを炊く。おはぎの日は、朝からもち米を
炊き、きな粉に青海苔など数種類のおはぎが
食卓にならんだ。昔は当たり前だったん
だろうが、今は少しづつ忘れられていってる
事をいっぱい教えてもらってたんだ。

何故だか知らなかったけど、お正月の元旦には
掃除も洗濯もしてはいけないとか、鏡餅は
11日に切ってぜんざいを作るとか、そんな事
だけはしっかり覚えてたりするんだな。
今日は七草だから、七草粥炊かなきゃってね。
ここ宮古島では七草をそろえる事は難しいけど
まあ、草が七つあればいいか〜?っと、子供と
庭に出て七種類の草を集めて、おかゆを炊いて
みたり、いい加減ではあるけどね。

改めて調べてみると、全部に習わしや理由が
あって「ほ〜」っとつぶやく。いつか少しずつ
調べて記事にしたいな〜っと思ってた。

宮古島に暮らしてからは、旧暦に基づく季節の
行事や言い伝えが当たってる事に気づいて、
これまたおもしいんだな〜。
新月と満月は旧暦の1日と15日だって知ってた?
私はつい最近気づきました!

来年のひとりごとの目標としてがんばりまーす。
私の事だから、うる覚えだったり、違って
いたりするかもしれないけど、お許し下さい!
気付いたとこあれば、どうぞご指摘ください!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへ
にほんブログ村

taka's parlor のHP!


タグ: 風習 旧暦



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ