2010/7/8  16:42 | 投稿者: Author

放送終了
Video chat rooms at Ustream
タグ: Buffalo DJ ライブ

2010/7/8  4:07 | 投稿者: Author

Youtube、Livetube、ニコニコ動画、Ustreamに継ぐ新たなるライブ配信サイト
が登場した。DOMMUNEである。生放送で驚くべき豪華な
シークレット的ギグを視聴することができたりと、上に上げた動画、
動画LIVEサイトとは若干コンセプトを異にする新型動画サイトであるようだ。

これらの詳細は以下のURLから確認してみてほしい。

http://www.dommune.com/

ちなみに今日7/8 19:00〜21:00 はBUFFALO DAUGTERのライブ
         21:00〜24:00 は常盤響によるDJ
が予定されている。

ちなみに後者のDJの人は最近管理者が行きつけのUstreamのレコード垂れ
放送の垂れDJをやっている人で、まさかのメジャー舞台への進出に
びっくりしているところである。
このステージは昨晩はテイ・トウワのDJにゲストとして坂本龍一
野宮真貴(元ピチカートファイヴボーカル)が加わるという
超ビッグステージであったと言えば、そのすごさがわかってもらえると思う。

2010/7/6  23:51 | 投稿者: Author


2010/7/2  19:22 | 投稿者: Author


2010/5/12  12:26 | 投稿者: Author

このあいだここに書くのにちょうどいいくらいの
音楽評論みたいなものを道を歩いているときに思いついて
書こうと思っていたのにまた忘れた。

だが、その替わりに今別の音楽のはなしを思いついたので書く。
いや、ひょっとするとこれが書こうと思っていたことだったのだろうか。

昨日道ばたでラジオを聴いているとフジファブリック特集をやっていた。
スクールオブロックという番組である。
普段聞かないチャンネルな上に普段聞かないような青臭い番組である。
だが、昨日はプチネガティブな日でプチアンニュイな気分だったので
もうどうでもいいわ気分と明るいラジオでも聴こうという、これまた
珍しい精神でスイッチを入れたので聴いてしまったのだ。

そこで知ったのはフジファブリックはけっこう器楽的でおもしろい曲を
作っているバンドなのだなあということである。
だが、残念なことにバンドメンバーの一人が死んでしまったらしい。
ということくらいはニュースなどで知っていたが、フジファブリックに
ついては最初に聴いた曲が悪く、あまり好きになれない感じだったので
食わず嫌いで聴いていなかった。だがそのラジオではじめてけっこう
じっくり曲を聴いてけっこうおもしろいと思ったし、フジファブリックや
死んでしまったメンバーの人の音楽に対する真摯な思いが司会の人の
説明や生前のライブの様子や楽曲から伝わってきた。
ううむ、惜しい人を亡くしたものである。

そしてさっきもっと曲を聴いてみようと思いYoutubeなどを検索したり
いろいろ検索したが、死んだ人は志村正彦という人でギターボーカルを
やる、つまり、PVなどでは真ん中で一番目立っている人だということが
わかった。どうやらフジファブリックの中心的人物が亡くなったようだと
いうことまで把握した。

もうだめじゃん!うあああああ(>ロ<;)、と自分なら自暴自棄になって
しまうだろう展開である。
だが、フジファブリックは解散したということがネットに出ていないところ
をみると、まだフジファブリックは自暴自棄になってさじを投げては
いないようである。

まあ、とにかく言いたかったことは、検索したときに
「志村正彦 自殺」
がトップで検索候補リンクに出てくるところが気になったのですが。

おまえら!そのワードで調べるなよ!wwwアーティストが死ぬと
すぐ自殺自殺いうのやめろよ!

ということである。

そしてもう一つ肝心なことは、現代の戦車というのは、複数名の
小隊で操縦するものであり(TMではオーバーテクノロジー戦車なので
パイロットは1名)、もし、戦車長が被弾により死亡してしまった場合は
一つ階級が下の人が戦車長になり、戦車長ともともとの持ち場を兼ねる。
戦意を失わず、冷静に対処しているロックバンドの姿とそれは重なる
のである。

ロックバンドと戦車は似ている。
索敵・指令、装填、砲手、通信
ボーカル、ベース、ギター、ドラム

それぞれのパートが役割を果たすことによってはじめて素晴らしい
動きに繋がってゆくのである。

まあ、やっぱりあんまりフジファブリックの音楽はそれほどは
好きにはならないんですけどね。
なんか家具屋さんのようなバンド名がいいですね。
オーダーメイドで超快適なソファー用意します、的な。

PS:フジファブリックが気になった人は実況の人に聞いたり、
  リクエストをしたりしてみよう。けっこうファンの人も多いので
  いろいろ情報がきけるかもしれないぞ。

2010/2/12  6:12 | 投稿者: Author

リリースされたばかりの矢野顕子さんのニューアルバム
「音楽堂」をiTUnesで試聴してみたが、いままでとピアノのサウンドと
コードの感じがちょっと変わってると思った。
あと歌唱法もちょっと変わってると思った。
全体的にスッキリした感じになっていてたぶん、2010年という
新しい時代っぽい感じにしようと思ったのではないかということが
うかがえる。スッキリさせるのと別の次元でデフォルトな感じもする。
全体を一通り聴いてみて、なるほど「音楽堂」だと思った。

http://itunes.apple.com/jp/album/id352732279

2009/9/1  23:03 | 投稿者: Author


2009/8/22  13:22 | 投稿者: Author


Tone Float/ORGANIZATION(KRAFTWERK)


Truckstop Gondolero/KRAFTWERK

2009/8/15  22:41 | 投稿者: Author


Snake Eater/AkikoWada, NorihikoHibino

2009/8/12  20:11 | 投稿者: Author

ここでCharaさんについて語っておくと、昭和のゆとりではない
詰め込み世代に生まれたCharaさんは、土曜日に学校があったり、
いろいろな習い事をみんながやっていて、ピアノを習うのも大ブーム
だった当時を振り返っていたのだが、小さな頃からピアノを
習っており、けっこうピアノは達人だったらしい。
ピアノでバイトをやったことあるレベルならかなりのものだ。
普段のCharaのイメージからするとけっこう意外である。

いまでこそ、ボーカリスト色の濃いCharaさんだが、実は
作詞作曲も手がけるし、プロデューサー面も多く持っている
「ミュージシャン」という言い方のほうがしっくりくるらしい。

ピアノでクラシックをちゃんとやって、音楽的にマニアックな
興味があるとなると、それだけでかなりコードとか、和声の
音楽的構造も、頭ぱっぱらぱーな歌手に比べたらかなりわかっていると
思われ、本人も「超本職のアレンジャーには負けるけど
感覚的には自分ですごいレベルまでいってると思う」というような
発言をしていた。
実際、楽曲作りでも打ち込みの職人の人と音色作りとか、
けっこう深いところまでちゃんと一緒に作っているとのこと。

俺の中ではけっこうChara観が変わったのだった。

ぜひ一度ピアノ語り弾きのCharaを聴いてみたいものである。

PS:さらに余談だが、やっぱり80年代の洋楽、UKもの、
  ニューロマンティックとかラジオでのフュージョンなどの
  洗礼を受けている人は、それしかなかったから
  それを聴いていたという面もあるだろうが、
  本当に幅広い音楽を受け入れる懐の深い耳を持てている
  のではないかなと思った。
  逆に今のゆとり世代は音楽的には保守的でテクノ的な音は嫌いとか、
  フォーク系しか聴かないとか、アニメ系しか聴かないとか、
  単純なコードワークじゃないとわかんないとか、
  耳が退化しているようにすら感じるのだが・・・。
  結局は国が貧乏になると、音楽教育のレベルが下がる、という
   シンプルなことかもしれないけどね。
  まあでも、音楽的源泉が多岐にわたるChara、素晴らしいアーティストだ!

といろいろラジオを聴きながら語っていると、俺は戦車整備のおやっさんに
「おい!なに油売ってんだ!はやくノルマ片付けろ!」とどやされ、
渋々と戦車のステアリング系統の整備に戻るのだった・・・・。

2009/8/4  22:51 | 投稿者: Author

YMCKのアラド戦記のEDの曲がでてるよ。




AutoPage最新お知らせ