ドイツパンの店タンネ 東京都中央区日本橋浜町2−1−5 営業時間 平日 8:00〜19:00 土曜 8:45〜18:00 日祝休み(ただし12月23日は営業) http://sites.google.com/site/doitsupantanne/ (夏季および年末年始に休業あり)

2007/2/26

心地よい接客  分類なし

雨の金曜に続き、土曜日は強風に悩まされ、それ以降冷え込みも厳しくなっています。
2月も終わりまできて、ようやく本来の気温というところなのでしょうか。

先回のニュース以降、いろいろなご意見をお寄せいただいています。皆さま、どうも
ありがとうございます。このニュースを公開するようになって2年になりますが
一番よかったのは、お客様側からコメントをいただけるようになった点だと思っています。そうしたコメントを読むうちに、タンネのお客様は、真面目な方が多いんだなぁと感じるようになりました。そんなことをいうと叱られてしまうかもしれませんが、
ご意見の中に、「期待」や「向上心」といったものを強く感じることが多いからです。

接客については、ご指摘のとおり、店の顔ですからたいへん重要で、そうしてこんなに
難しいものもありません。想定問答集を作ったり、ミーティングや研修を行うなど
してはいるのですが、ほどほどの心地よい接客というのはマニュアルで身に付くもの
ではないようで、本当に厄介です。

ひとつの問題としては、「ドイツパンがわかりにくい」ということがあります。
スタッフ側から言わせてもらうと、一日に何回も「ドイツパンって歯が欠けるくらい
硬いのよね〜」といわれることもままあり、正直うんざりしてしまうこともあります。
でも、うんざりする前に、説明努力をもっとする必要があるかもしれません。以前
ツアーで来店なさる方のために「ドイツパンとは?」という簡単な説明を作ったことが
あるのですが、今後はそういったものを店頭に置いてみようかな、と思います。

もうひとつは、たいへん混雑するお昼時です。どちらの店舗もお昼の時間帯をピークに
スタッフを集めてはいるのですが(したがって、一般的な昼食時間:12〜13時の
間にお昼を食べられるスタッフはタンネには居ないことになります)、それでも
パニックになりそうなほど混むことも多いのです。もちろんお昼にしかご来店になれないお客様も多いでしょうから、いつもと変わらぬ接客を心がけなければいけないのですが、どうしてもいっぱいいっぱいになってしまい、余裕がありません。
これについてはまだ解決策が思いつきませんが、お客様方にお願いとしてはいろいろと
お尋ねになりたい時はできればお昼時をお外しいただけると有難いです。

いずれにしても、何にしても、「わかりにくい」というのは大きなネックでしょうね。
ご提案いただいた中にあった、写真入りで商品についての説明をする、ということは
早速このニュースの中でやってみようと考えています。チーズのセットも、来月早々
小さいものを何種かパックしたもの(そしてちょっとだけお買い得)を作ってみる
つもりです。全てにお答えできるかどうかわかりませんが、店頭でお尋ねになりにくい
ことも、ここへお寄せいただければ幸いです。そしてもしできることならば、励まし
とか、(ちょっとお願いしにくいけど)お褒めのお言葉とかもお寄せいただけると
スタッフ一同何よりの張り合いになると思います。

当たり前のことかもしれませんが、タンネのスタッフは皆、タンネのパンの大ファン
でもあるので、その気持ちを大切にしていけば、自然とどなたにとっても心地よい
接客ができるようになるのでは、と考えています。これからもご支援ください。




0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ