ドイツパンの店タンネ 東京都中央区日本橋浜町2−1−5 営業時間 平日 8:00〜19:00 土曜 8:45〜18:00 日祝休み(ただし12月23日は営業) http://sites.google.com/site/doitsupantanne/ (夏季および年末年始に休業あり)

2005/3/31

サービスデー  お知らせ

イースターブロート(Osterbrot)のご紹介はまた次に先送りし、今日はサービスデーの
ご案内です。毎月3日(休日に当たる場合は前後にずれます)には、お買い得商品を
たくさんご用意したサービスデーを行っています。

来月は4日の月曜になりますが、4月4日といえば、いよいよ 「2005−2006
日本におけるドイツ」 が開幕する日です(2006年3月末まで)。
そこで、特別サービスとして、10名の方に 「ベルリンの至宝展」入場券を抽選で
差し上げることにしました。クジは、350円以上のレシートでお一人様一回限り
引いていただくようにしたいと思っています。是非!ご来店ください。
クジばかりでなく、79円のブレーチェン(シュリッペとロッゲン)が42円になるなど
とにかく月に一度のお得な日!ですので、お見逃しなく。

なお、開幕のイベントが六本木ヒルズで4月4日から行われるようです。
詳しいご案内は六本木ヒルズのホームページからも見られますので、是非お花見
がてら(?)お出かけください。ドイツにどっぷりつかりつつ、サッカーのW杯最終予選
に日本が勝ち抜くことを期待する1年、という過ごし方はいかがでしょう。

最後にお知らせですが、今年の寒い寒い冬に耐えられるだけの皮下脂肪をスタッフに
与えてくれた、揚げパンの"ベルリーナー”が、ついに4月2日で販売終了となります。
ファンの皆様、また来年の1月まで待っていらしてくださいね!

0

2005/3/28

復活祭も過ぎて・・・  ちょっと余談

いろいろあるうちに桜の開花の便りが届くようになってしまいました。
前回のベルリーナーネタの次に、復活祭の話へ続けていくつもりでしたが
身の回りの事件が多くてパソコンに向かえずにいました。
はっと気付けば、復活の日曜(Ostersonntag)は昨日でしたね。
タンネでもウサギパンや羊ケーキなどこの季節だけの限定品があったのに
先週の土曜日で販売終了してしまいました。また来年の早春まで
待っていていただけると嬉しいです。
でも、イースターブロート(Osterbrot)だけはファンが多いので、もうしばらく
店頭に並べる予定です。次回は写真入りでもう少しご説明しますね!

そもそも(って何がそもそもなんだかわかりませんが)、
タンネはとても個人的な店です。"Tannezeitung"のタイトルで手書きに
してきたニュースも、私には仕事を続けるモチベーションの大切な一つ
でした。それが、昨年の秋に身辺に起きたいろいろなことから、「書く」という
行為がまったくできなくなってしまい、休紙状態が半年も続いていました。
スタッフからも(タンネのスタッフは全部で15名です)、ニュースどうした!と
せっつかれる訳ですが、どうしても書けない。見えない誰かに向かって
「書く」ということがこんなにも自分と向かい合わなくてはいけない重たい
作業なんだ、と始めて知りました。
ちょっと重たい話でゴメンナサイ。

プログという新しい手段を得て、もう一度「書く」行為に取り組めそうな気が
した時、また事件が繰り返されて打ちのめされていたのですが、いただいていた
コメントを拝見して生き返りました。まさに《復活祭》になりましたね。
コメントを寄せてくださった方たち、どうもありがとうございました!

今日はとっても個人的なニュースになってしまいましたが、タンネとはこんな店
なので、業務連絡にドイツ話、個人的なタメ息みたいなものを織り交ぜながら
細々と続けていきたいと思います。そのうち、スタッフにも書かせたいです。
どうぞこれからもタンネニュースを読んでくださいね。よろしくお願いします。
0

2005/3/11

季節の話 2  お知らせ

上の写真にあるように、ベルリーナーは真ん中に残る白い線が特徴です。
丸い生地を油で揚げるときに浮いてしまうので、途中でひっくり返しても油の中に
入らない部分ができます。それが真ん中の白い線として残るのです。タンネでは
この線から切り分けて、カスタードをはさみチョコをかけたもの(写真右)、砂糖がけ
したもの、そのままで中にジャムを入れたもの(同中央)、そのままのもの(同左)の
4種類を販売しています。ドイツではお店のオリジナルもあって、この時期店頭の
一番いい場所を飾っている菓子パンです。
もちろん通年販売しているところもありますが、私どもでは復活祭のころまでの
商品ですので、今年は4月2日の土曜日までの予定です。それを逃すと来年の
1月まで店頭に並びませんので、是非一度お試しください。

ところで、ゴールデンウィークに公開予定の映画、「ベルリン、僕らの革命」のために
タイアップ商品を作ることになり、先日試写を拝見してきました。実際に観るまでは
“ベルーリーナー”という名前の商品があるからそれでいいかな(パンの名前である
と同時に、もちろんベルリン市民を意味するドイツ語でもあります)と、思っていた
のですが、映画を観終わったあとでは甘ったるい贅沢な生地の菓子パンは映画の
イメージと合わない感じがして、目下思案中です。
それにしても、いい映画ですから公開になったら多くの方にみていただきたいなと
思います。タンネにはもうチラシが並んでいますので、是非お持ちください。
この映画の話もまた、後日・・・
0

2005/3/9

季節の話 1  ドイツの話題

「日本におけるドイツ」の話はさておき、今日は季節のパンの話。
このところようやく春めいた日が続きましたので、店頭に並ぶ冬のパン類が
心なしか重たく感じられました。ドイツのパンはとにかく種類が多いのですが
季節商品や行事に関係したものも多くあります。

冬には氷点下が珍しくないドイツでは、そこに暮らす人間は身体に脂肪を
蓄えることを覚えたのだろうと思います。冬には油脂を使ったもの、いかにも
太りそう〜という商品が多く並びます。パイ類はバターを扱いやすい時期だ
ということもあるし、チョコレート類が溶けにくいから、ということもあるでしょう。

アメリカに渡って「ドーナッツ」となった油で揚げたパンは、ドイツではカーニバルを
挟んだ寒い寒い季節のものです。ドイツではBerlinerとか、Krapfenとか
呼ばれますが、タンネでは「ベルリーナー」という商品名で4種類。復活祭を
迎えるまでの商品なのですが、次回はこのお話・・・・
0

2005/3/8

はじめまして  お知らせ

これまでタンネの店頭にしか置いていなかった「タンネニュース」を公開することにしました。
というのも、いよいよ来月4日から「2005−2006 日本におけるドイツ」が始まるから
です。いわゆる“ドイツ年”ですね。その公式サポーターでもあるタンネからのお知らせも
今迄よりずっと多くなりそうです。
このページを通して、多くの方にドイツへの関心をますます深めていただけるといいなぁと
思っています。ついでに、ドイツパンもたくさん召し上がっていただければ嬉しいのですが。
・・・・・・次号へ続く。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ