ドイツパンの店タンネ 東京都中央区日本橋浜町2−1−5 営業時間 平日 8:00〜19:00 土曜 8:45〜18:00 日祝休み(ただし12月23日は営業) http://sites.google.com/site/doitsupantanne/ (夏季および年末年始に休業あり)

2005/5/28

フェア in 高島屋 2  お知らせ

高島屋さんでのフェアも、4日目、後半に入りました。
お蔭様で多くのお客様にお立ち寄りいただいています。
「日本におけるドイツ」をアピールするため、マスコットのマウス君たちも3匹
売り場に応援に来てくれていますので、写真を撮ってきました。

フェアは31日までです。最終日も20時の閉店まで行いますが、比較的
空いていて品物も揃っている11時過ぎころがおすすめです。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/5/24

フェア in 高島屋  お知らせ

暑くなってきました。かと思えば、連日夕方からの雨。朝晩はまだ気温が低くなりがちで
まだまだ着る物に悩まされますね(このネタしつこい・・・)。

しかし、入梅前のこの時期はいい陽気のことが多いですから、思い直して、フェアの
お知らせ!です。明日、5月25日(水)から31日(火)までの7日間、日本橋の
高島屋地下一階で、ダルマイヤーさんと一緒にフェアをやります。
場所はもちろんダルマイヤーの売り場のまん前です。ドイツのワインやジャムなど
コンパクトながら本格的なドイツの味がそのコーナーに集められます。是非、ドイツ
ならではの味のハーモニーをお楽しみいただきたいと思います。

このパンにはどんなハム?或いは逆にこのソーセージにはどんなパン?そういう御質問
大歓迎です!タンネのスタッフが売り場におりますのでどうぞご遠慮なくお尋ね下さい。
パンはもちろんいろいろ種類がありますが、ソーセージもたいへんな数の種類があり、
お好きな枚数でスライスしていただけるのだとか。大皿に種類多くハム類を並べ、籠に
こんもりとパンを盛り合わせれば、あとは美味しいワインやビールだけでとても楽しい
パーティーが開けます。ご家族で囲む食卓でも、ちょっともの珍しくて喜ばれるのでは
ないでしょうか。

ダルマイヤーといえば、ミュンヘンの有名な高級食料品店です。折々に変わる店先の
美しいディスプレーを見るだけでも楽しい、そんなミュンヘンっ子自慢のお店です。
今回ご一緒にフェアができるのを、とても誇りに思っております。是非、多くの方に
ご来店いただき、南ドイツそのままの味を楽しんでいきたいと、張り切って臨みます!
0

2005/5/19

アイスコーヒー  分類なし

しばらく気温の低い日が続き、着る物にも悩むほどでした。
先週末のお祭り(この一帯は神田明神の氏子です)では、寒くて手がかじかむほど。
2年に一度経験するお祭りで、2日とも寒さに震えたのは記憶にある限り始めてです。

さて、前回のシュークリームもなんとなくそんな寒い日々に書いたものでした。
いよいよ季節にふさわしい気温になってきましたね(暑いくらい?)。
タンネでもカフェメニューに冷たい飲み物を用意するようになりました。

特におすすめは、冷たいコーヒーです。
いつものコーヒーカップでお出ししているので、中には「アイスを注文したのよ」と
仰るお客様もいらっしゃいますが、カップにふれてみてください。冷たくしておいた
カップに、タンネの特製アイスコーヒーを入れてあるのです。せっかくの味わいが
氷で薄まることもなく、氷の入れすぎで冷たくなりすぎることもありません。
香りも良く、深煎りのコクがあるのに、ついついお代わりしたくなるような喉越しの
すっきりしたコーヒーです。

そもそも、ドイツのカフェには、日本のようなスタイルのアイスコーヒーはありません。
メニューにある、Eiskaffeeを注文すると、コーヒーフロートのような、はたまたアイスを
グラスに何種か(ヴァニラとコーヒー味とか)入れたところに生ぬるい(?)コーヒーが
入っているようなものが出てきます。細長いスプーンですくって食べるイメージです。
ドイツのアイスクリームは美味しいので(なんといっても牛乳がおいしいので)
それはそれで許せるのですが、30度を超えるような暑い日に、それでも陽の当たる
カフェへ連れていかれた時など、日本のキ〜ンと冷えたアイスコーヒーが飲みたいな
と思ってしまいます。そんなこともあって、タンネのアイスコーヒーをどういうスタイルに
するか、とても迷った結果、今のものに決まったわけです。
秋にジャケットが欲しくなるような気温になるまでの限定品です。是非お試しください。

なお、他にも、アイスティーやアイスハーブティーもあります。ハーブティーの方は
シロップを入れて甘くしていただくと、優しい味わいになって、スタッフに好評です。
0

2005/5/11

シュークリーム  お知らせ

楽しみにしていた連休もあっという間に過ぎてしまいました。
連休中日の2日と終盤の6.7日にはたくさんのお客様方にお出でいただき、たいへん
ありがとうございました。映画のタイアップ商品をカフェでご注文の方も多くいらして
ライ麦パンをジャムでむしゃむしゃ召し上がる風景に映画にシーンが重なりました。
とっても嬉しかったです(映画の背景には思想的な苦しさもあったけれど、パンを食べる
シーンだけはどこか力が抜けて、素の表情が見られたと思いませんか?)。

さて、今日は、タンネの通年サービス商品、シュークリームについてです。
タンネの商品はドイツで実際に作られるものと一切アレンジなしですか、という
お問い合わせをよくいただくのですが、シュークリームだけはサイズを小さくしています。
その代わり、価格をぐっと抑えて(¥189/税込)サービス商品というわけです。

シュークリームはドイツ語で、WIndbeutelと言います。
クラフトの紙袋に空気を入れてぷっと膨らませたようなイメージの名前です。
お店でみるとそれはそれは大きくて、いったいドイツ人はどういう胃袋をしているのか
と思ってしまうほどです。卵たっぷりの皮が香ばしくて、濃厚なクリームと合って
それはそれは美味しいのですが・・・

タンネでは、モカ・クワルク・フレッシュクリームの3種類です。是非、お試しください。クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ