ドイツパンの店タンネ 東京都中央区日本橋浜町2−1−5 営業時間 平日 8:00〜19:00 土曜 8:45〜18:00 日祝休み(ただし12月23日は営業) http://sites.google.com/site/doitsupantanne/ (夏季および年末年始に休業あり)

2005/10/26

特製シュトレン  お知らせ

まだ10月ですが、シュトレンの話題が続きます。

というのも、本日から高島屋さんのオンラインショップで、クリスマスケーキの
受付が始まったからです。オンラインショップの<e百華店>を開き
 www.takashimaya.co.jp 、2005 Takashimaya Christmasを選んで、全国配送
クリスマスケーキをクリックしていただくと、一番最初にタンネの特製セット
「シュトレンとプレツヒェン」が紹介されています。

このシュトレンは、タンネで例年販売しているクリスマスシュトレンとは異なる
ずっしり重たい生地で、ドイツ人にとっても伝統的な味わいのするものです。
南ドイツのラーベンスブルクという街から、例年この時期タンネに応援に来て
くれるマイスターの家に代々伝わる秘伝のレシピです。そういう商品なので
限定100セットのみ、しかもこのオンラインショップでしかお求めいただけ
ません。ご興味をお持ちいただけましたら、是非、e百華店をのぞいてご覧に
なってください。

さて、この秋冬のタンネは、企画商品をいろいろ考えております。
来月半ばの日本橋三越におけるドイツフェアでも、会場でしか買えないパン、
数量限定の商品を予定していますので、またあらためてお知らせいたします!
0

2005/10/23

受付開始前夜 2  お知らせ

お待たせいたしました。
ようやく、クリスマスシュトレンのご注文書が出来上がりました。
明日、10月24日から店頭に置きます。ご入手をお待ちいただいていたお客様にも
発送を始めます。ご注文の受付は11月1日からですが、実際にお渡しできるのは
4日の金曜以降です。その後もなるべく3日間以上のご猶予をみて、ご予約をお願い
いたします。特に混雑する12月10日〜20日頃のお渡しをご希望の方は
できるだけお早めにお申込くださるようお願いいたします。

いずれにしましてもクリスマスシュトレンは原則的に予約制です。イベントでの
販売(タンネのサービスデーや日本橋三越でのドイツフェア等)も予定していますが
数量が限られます。また、今年も、銀座教文館さまの4階エインカレムにおいて
シュトレンやレーブクーヘンとの詰め合わせが販売されますが、いずれも規格の
異なる商品(大きさや仕上げのスタイルなど)が取扱われます。

ご予約に際しましては、是非、今年改定のご注文用紙をご利用ください。
特に御私製の用紙でご注文いただいた場合、間違いが生じやすくなりますので
何卒ご協力をお願いいたします。

では、今年も、たくさんのシュトレンを、とびきり美味しく焼き上げて、多くの
お客様のご注文をお待ちしております。
0

2005/10/15

受付開始前夜  お知らせ

タイトルをみて、「シュトレン!」と思いついた方は相当鋭いです!

例年通り、11月1日の受付開始(お渡しは11月4日以降)に向けて
ただいまスタッフ一同で準備に励んでおります。毎年、10月の始めにはご案内が
できるように、と考えているのですが、なかなかうまくいきません。今年も結局
10月の20日過ぎになってしまいそうです。

今年はご注文用紙を改定すべく、最終校正に取り組んでいるところです。
改良目的は、よりスムースな受付とお引渡しができるように、ということに
しぼっています。種類や価格は今年も変わりません。実は、価格に関しては
材料の高騰(昨年来の卵に続き、今年はナッツ類がどんどん高くなっています)に
包装材料(ビニール系)の値上がりも加わり、なかなか厳しいのですが
直前のお知らせでは申し訳ない、ということで据え置きを決めました。ただし
開店以来のこの価格も、もしかすると今年限り、ということになるかもしれません。
その時は、どうぞご容赦いただきたいと思います。

値上げをしないからと言って、材料や製法に何の変更予定もありません。
来月には、日本橋三越のドイツフェアもあって、ドイツから応援のマイスターが
2名来日します。合わせて3人のマイスターが協力して、クリスマス菓子製造に
取り組むことになります。販売スタッフも気合が入ろうというもの。
・・・でも、美味しいお菓子を味見しすぎることだけが心配です・・・

それはさておき、新しい注文用紙をご希望の方は、お気軽にファックスやお電話で
お申込ください。出来上がり次第、お手元へお届けいたします(郵便またはFAX)。
0

2005/10/8

ヒント(続き)  ちょっと余談

前回、品揃えはあまり重視しない、と書きましたが、そもそも一品ずつプライスカード
が付けられていることは稀です。殆どの店では対面販売なのですが、まわりの買い物客
をみても、アレコレと指差して注文したり、パンの名前を言われた店員さんが後ろの
棚からそれはどのパンなのか探し回ったりしています。
クッキーの一つ一つに名前が付けられているくらいですから、名前のないパンなんて
ないのですが、そういうところがドイツの商店が不親切に思われる点かもしれません。

でも、ある時、どれを買おうか迷っていたら、「み〜んな美味しいのよ、だから
こんなに太っちゃうの!」と、お店の人に言われたことがあります。それからは
なんとなくお店の人の体型を観察してしまいます。

・・・・もっともこれは本当にいい加減なヒントかも。ちなみにタンネに今いる
マイスターは超細身なのですが、販売のスタッフはみんな食べすぎるのが悩みです。
そして、今年のクリスマスにドイツから応援に来てくれるマイスターは二人とも
超ぽっちゃり型・・・・女性スタッフにはとても悩ましい季節となります・・・

話が横道にそれました。あまり役立つヒントではなかったかもしれませんが
是非、ドイツの街中にあふれるパン屋さんやお菓子屋さんをいっぱい覗いてみて
ください。これから一気に冷え込んでくると、揚げたてのベルリーナーも店頭に
並ぶようになりますね。ジャム入りばかりでなく、オリジナルなベルリーナーを
揚げているお店もありますから、要チェックです!他にもお店の名前が付けられた
パンやクーヘンはもちろん一押し!ですよ。
0

2005/10/5

ドイツで美味しいパン屋を探すヒント(私見)  ちょっと余談

秋の旅行シーズンですね。クリスマス市も人気があるようですし、ドイツへの旅行を
ご計画中の方も多いかもしれません。

ドイツ人の博物館好きは有名なので、美術館や博物館の充実ぶりは大きい都市に
限りません。お城や教会、旧跡、博物館と見て歩くだけでももちろん楽しいですが
せっかくですから是非、ドイツならではの味を楽しんできていただきたいと
思います。たまに、ドイツでおすすめのパン屋を教えてください、というご質問を
頂戴することもあるのですが、それはとても難しいことです。そこで、今日は
ドイツで美味しいパン屋さんを探すヒントをあげてみることにしました。

とにかく、ドイツの町にはパン屋がたくさんあります。
ちょっと大きな駅には、パンの売店があり、最近では小型のオーブンをおいて
焼き立ての菓子パンのいい匂いをさせているようなところもあります。見た目も
美しくサンドイッチなども並んでいると、すっかり誘惑に負けそうになりますが
ぐっと我慢して街の中に歩き出しましょう。

1)大きな町では、駅前で妥協しない
鉄道の駅は、旧市街から少し離れていることがよくあります。
駅前にも、ピカピカの美味しそうなパン屋さんがあるでしょうが、とりあえず
古くから街の中心だったところを目指してみましょう。でも、お腹が空いていたら
スタンドのブッターブレッツェル(ブレッツェルにバターをたっぷり挟んだもの)
を買って食べながら、ゆっくり街を歩き回りましょう。

2)店内ばかりでなく、看板も眺めながら歩きましょう
ピカピカの新しい店でも、看板を読むと、町と同じくらいの古い歴史を持つ店
であることがわかったりもします。外見に惑わされず、その町で長く愛されている
お店を見つけ出しましょう。

3)品揃えは重要ではない
いつも盛大な品添えをできる店は、売り切れても補充が簡単にできる店、という
場合が多いです。週末のお昼近くになれば、人気のパンがなくなってしまうのは
当たり前のことです。ですから、品薄な感じがしても、一概にダメとは言えません。

4)店員さんの感じが悪くてもメゲナイ
そもそも、ドイツ人は販売業のサービス精神に欠けているかもしれません。
親切に対応してくれなくても、むすっとされてもメゲてはいけません。
ただし、どんな店でも、入った時と出る時には挨拶してくれます。こちらも
その挨拶はしたいものです。ドイツ語ができなくても大丈夫。「ハロー」と
「バァーイ」だっていいのです。

・・・次回に続く
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ