ドイツパンの店タンネ 東京都中央区日本橋浜町2−1−5 営業時間 平日 8:00〜19:00 土曜 8:45〜18:00 日祝休み(ただし12月23日は営業) http://sites.google.com/site/doitsupantanne/ (夏季および年末年始に休業あり)

2006/1/18

寒い寒い日には・・・  ちょっと余談

いったん緩んだ冷え込みも束の間、また寒さが戻ってきてしまいました。
週間天気予報をみると、東京にもついに雪だるまマークが!最高気温が5度以下という
厳しい寒さの週末になりそうです。

ドイツもだいたい2月頃までが一番寒い季節だろうと思います。経験した一番寒い日は
日中でもマイナス15度でした。それも一回だけではありません。12月のミュンヘン
でも、1月や2月のボーデン湖畔の町でも、そんな温度を何回も経験しました。
寒いを通り越して、痛いという感じでしょうか。帽子や手袋はもちろん、耳も鼻も
全てを被いたくなってきます。個人的には毛皮を身につけない主義と決めていても
街行く人の暖かそうな毛皮のコートについつい目がいってしまうのです・・・

そういう寒さの中ですから、冬のドイツでパン屋の店頭に並ぶ物は、どうしても
油たっぷり、カロリーもたっぷり、というものが多くなります。ベルリーナーは
もちろんお店の一番いい場所に置かれているし、他にもパイやチョコバナナなどの
チョコやクリームをたっぷり使ったクーヘン類。メレンゲにまでクリームを挟んだり
チョコがけしたり、冬武装です。つまり、厳しい寒さに耐えるために、着込むばかり
ではなく、実際のお肉も脂肪も身につけてしまおうという考えではないでしょうか。

今冬の日本の厳しい寒さの中では、まさにこの作戦がいいかもしれません。
ダイエットは春の便りが届くまでちょっとお休み。甘い物ばかりではなく、
ブレッツェルにたっぷりのバターを挟んで食べるのもおすすめです(できれば無塩の
バターをお薦めします)。もっとも、そんなことをわざわざ云うまでもなく、皆様の
方がよくお分かりなのかも・・・。日本橋高島屋さんでの催事初日、一番人気で
あっという間に売り切れたのは、クリームサンドのベルリーナーでしたから。
・・・明日はもっともっと作りますっ!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ