ドイツパンの店タンネ 東京都中央区日本橋浜町2−1−5 営業時間 平日 8:00〜19:00 土曜 8:45〜18:00 日祝休み(ただし12月23日は営業) http://sites.google.com/site/doitsupantanne/ (夏季および年末年始に休業あり)

2006/12/2

アドベントカレンダー  ドイツの話題

クリックすると元のサイズで表示します
いよいよ12月に入りました。タンネのアドベントカレンダーも「2」の扉まで
開けられました。忙しすぎると開け忘れてしまうこともあるのですが、ともかく
これからは毎日ひとつずつ開けていくのが楽しみです。

クリスマスを4週間前から数えるドイツでは、このアドベントカレンダーはとても
身近な物です。この他にも、一週間ごとにロウソクを一本ずつ灯していくアドベント
クランツ(リースを横にしたようなもの)もごく一般的に家庭に用意されているもの
です。明日は第一アドベントの日曜ですから、友人のドイツ人家庭ではクッキーを
焼いてそなえると話していました。

この頃では、日本でもアドベントカレンダーはいろいろな種類を買えるようになり
ました。カードになっているものは机の上などに飾れて便利な上に、立体的な凝った
デザインのものも多く、ついついいくつも飾りたくなります。不思議なことには、扉が
24までのものと25まであるものがあり、案外とその辺は統一されていないもの
なのでしょうか。どなたかご存知でしたら教えてください。

ひとつずつ扉を開けていく毎に、当たり前ですがクリスマスが近づいてくるので
何ともワクワクしてきます。・・・というのはドイツの方たちでしょうが、私たち
タンネのスタッフにとってはこの超繁忙期の終わりを意味します。あと何日、という
よりは、どちらかというと分数―10分の1終わった、5分の1終わった、そんな
感じでカレンダーを開けていきます。もちろん最後の扉を開ける時には、ほとんどの
シュトレンを納品し終えるわけですが、全てのシュトレンを事故なくお届けして
その日を迎えられれば最高に嬉しいわけです。

ところで、タンネにその昔マスコットボーイがいた頃には、中にチョコレートや
オモチャが入っている賑やかなカレンダーを用意していましたが、今年はミュンヘンの
友人が、その元マスコットボーイズのために上の写真の2枚を贈ってくれました。
シンプルで、でもドイツらしくちょっと色濃い可愛さですが、もうちゃんと2日まで
開けてもらっているようです・・・。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ