ドイツパンの店タンネ 東京都中央区日本橋浜町2−1−5 営業時間 平日 8:00〜19:00 土曜 8:45〜18:00 日祝休み(ただし12月23日は営業) http://sites.google.com/site/doitsupantanne/ (夏季および年末年始に休業あり)

2008/5/19

小麦のブレーチェン、地図について  パンの種類

クリックすると元のサイズで表示します

前回までに、基本のライ麦(50%配合)パンをご紹介しましたので、今回は
典型的な朝食パンであるブレーチェン(小麦100%)のご紹介です。

上から、時計回りに、シュリッペ→カイザー→胡麻付き→けしの実付き→
キャラウェイシード付き→チーズ付き→ドッペルです(各79円〜137円)。
ちなみに、ドッペルはシュリッペ2個をくっつけて焼いたものです。焼き上がりは
基本的には朝の一回のみ、遅くても9時過ぎには焼きあがっております。

あれ?ドイツで見たのと名前が違う、とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが
パンの名前は地方によってかなり異なります。ですから、それを考えると、ドイツの
パンが600種もあると云われた場合、幾つかのものは名前が異なるだけでほぼ
同じパンであると考えるべきものかもしれません。

上のような小麦の小型パンは、朝食用にされることが多く、厚みを半分にするように
切りひらいて、切り口にバターを塗り、後はお好みでジャムや蜂蜜を塗ったり、ハムや
チーズをのせたりして食べます。サンドイッチにも向いています。

大きなライ麦パンに比べれば、高価なパンというイメージもあるらしく、週末にしか
こういうタイプのパンを買ってもらうことはなかった、というお話をドイツの方から
伺ったことがあります。そして、焼き立てのブレーチェンをパン屋へ買いに行くのは
一家のお父さんの役目だったとか。現在のドイツでは、事情がかなり変ってきていると
思われますが・・・

さて、
地図についてのお問い合わせをいただきました。
いまのところ、このニュースにアップする予定がなくて申し訳ありません。
ちなみに、地下鉄人形町駅の茅場町寄り改札口を出たところと、水天宮前駅の三越寄り
改札口を出た場所に、地域の地図が掲示されており、その中に、人形町タンネも
浜町店も載せていただいています。とてもわかりやすい地図ですので、是非ご利用
ください。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ