ドイツパンの店タンネ 東京都中央区日本橋浜町2−1−5 営業時間 平日 8:00〜19:00 土曜 8:45〜18:00 日祝休み(ただし12月23日は営業) http://sites.google.com/site/doitsupantanne/ (夏季および年末年始に休業あり)

2008/6/11

「魂」という名のパン  パンの種類

クリックすると元のサイズで表示します

写真の「セーレン」というパンは、ドイツ語で「魂」を意味するSeelenです。
ドイツ人の考える、人間の魂の形をしたパンなので、そういう名前になったようです。

パンとしては、小麦粉100%のもので、生地に水分が多く、コシが強くて
歯ごたえがあります。「魂」だからといって、ふにゃふにゃしていないのが
ドイツ人らしいかな、と勝手に解釈しています。

不思議なことに、このパンは南ドイツにしかありません。他の地域の方には
全くと言っていいほど馴染みのないパンのようです。

タンネでは、セーレンは、5種類。
ゴマ付き・キャラウェイシード付きが、それぞれ158円。
かぼちゃ種付き・ひまわり種付き・チーズ付きは189円です。

このまま手に持って噛り付くよりは、一口に入る厚さに小口切りにするか
2,3分割してサンドイッチにすると食べやすく美味しく召し上がっていただけます。
何種類かを小さく切って籠へ盛り付けるとパーティー向きですし、そうした一口
サイズのスライスで、品のいいカナッペも作れます。

写真の手前、ごろっとした丸いパンは、同じ生地を丸めて焼いた「クナウツェン」
(126円)。食パン1,5斤分くらいある大きいサイズのものは504円で
基本的にご予約を受けてから焼いています。こちらは小麦粉の素朴な旨みや
生地のコクは残しながら、やさしい口当たりで、小さいお子さんの離乳食などにも
おすすめしています。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ