とりあえず、のブログ

正直いろいろありましたが,どうするか不明です。的なブログです。

 
この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
大河ドラマ『功名が辻[:テレビジョン:]』ですが、毎週見ています。昨日は結構面白かったのですが、舘ひろし(織田信長[:強風:])が珍しく出ておらず、柄本さんが最後(出演者のテロップ)でした[:祝:]。

この人は脇役が多く、考えてみれば秀吉などという大役は初めての...
一豊&千代夫妻が400石に加増されて城持ちの大名になったためでしょうか、山内家の雰囲気が明るくなった気がしました。吉兵衛と新右衛門が急に小ぎれいになってたんで最初見た時は、違和感がありました(苦笑)千代さんと寧々様は上司の奥様と部下の妻ということを抜きに...
今回は前回とはまた打って変わって趣が違う展開でしたね。
「ほのぼの」というんでしょうか。

近江攻略の功によって、木下藤吉郎は浅井長政の旧領・北近江(江北)のうち12万石(22万石だと思っていたけど、最近は12万石説が有力なのでしょうか。ま、とにかくド...
そうなんだ。。ホームドラマだったんだ。。今回はちょっと休憩ですねのっけから千代と吉兵衛のやりとりがあったからちょっと嬉しかったけど最後までず〜〜っとそんな感じで終わってしまいましたね。一人だけ出世して周りからねたまれる苦しみ近所の奥様たちは仲良くしなが...
 今回の第14話は、一豊達が長浜へ移り住んで来たところから、今回は始まりました。

 長浜への移住は、一豊・堀尾茂助・中村一氏の3人の友情関係にも、影響が出始めます。

 一豊の400石に対して茂助達は150石。

 この時代、常に命を賭けた日々が続い...
第十四回「一番出世」天正2年春。”羽柴秀吉”と名を改めた秀吉は、小谷城から今浜に移って城を築き、長浜城とした。一豊も長浜城下に家を与えられ、千代たちもそこへ移り住む。だが、一豊が400石取りであるのに比べ、堀尾吉春や中村一氏はまだ150石取りのため、千...
NHK大河ドラマ「功名が辻」第14話〜一番出世前回までの歴史ドラマから一転して今回は思いっきりホームドラマでしたね。しかも一豊の活躍が少なすぎ・・・さみしい・・・(ノω・、)前回のつらい業務遂行により一豊は400石に。秀吉の城のある長浜にお引越しをしまし...
オープニングの出演者のクレジットを見て、まず驚き。と、登場人物が少ね〜〜〜!堀尾吉晴役の生瀬さんの名前が表示されるまで、えらく時間がかかりました。琉河は大河ドラマでは俳優さんのクレジット順も楽しみにしています。今日は閑散としていたので、ちょっと今回は物...
 功名が辻(第14話)「一番出世」◇北近江を得た秀吉(柄本明)は今浜を「長浜」と改め、築城を始める。そのころ、400石に出世した一豊(上川隆也)は150石の堀尾(生瀬勝久)と中村(田村淳)が会うたびに会釈するようになったことに、寂しさを感じていた。一方、城に呼...
内容秀吉軍一番出世の一豊は、2人の親友との距離を感じ始める。今回は、全編ホームドラマ。主役の視点だけで書くとこうなる。というようなお話。まぁ、特に書くこともありませんが主役が戦国の英雄じゃないんだから仕方ない。。。と思うしかありません(^_^)b次回、六や小...
1|23
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ