とりあえず、のブログ

正直いろいろありましたが,どうするか不明です。的なブログです。

 
この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
なんだかぼんやりしているうちに一週間がすぎてしまった。全然日記書いてない。とりあえず『功名が辻』をみてひさしぶりに日記でも書こうと思ってたけど、ううむ、今週も功名が辻の開始時間を忘れてたよ。仕方ないので途中から鑑賞。見始めたときには、六平太が山内家に仕...
六平太、ひさしぶりの登場もシブイな!それに刀を向けて千代を守る一豊も絵になること!!というか香川さんの目がいい!涙ぐんだ目(ただ悲しくて出てる涙じゃないのがスバラシイ)・おじぎするにもかかわらずなにかたくらんでいそうな目、どっちもシッカリした演技やから...
日と月曜と出かけていたため記事にするのが遅れました。出かけていた先でも見ていたんですけど、帰宅してから再度録画を見直してから書いた方がいいかな〜と思ったので・・。ドラマ全体に流れていたテーマ!?は、"子、跡継ぎ(懐妊も含めて)"というところか・・...
前回に続き今夜も「大河ホームドラマ」千代物語です。
「戦国時代物語」「千代物語」せめて交互にして下さい。つまらないですホームドラマばかりでは。

大河お得意のつかみ解説、今回は「妻の立場は夫と対等だった」編です。一豊クンより千代が強すぎるコトへの言い訳...
第十五回「妻対女」天正3年4月。戦場での働きに限界を感じた新右衛門が、一豊に隠居を願い出た。そんな新右衛門に千代は、これからは自分の相談相手になって欲しいと言う。そんな中、毛利につくと言って姿を消していた六平太が山内家の食客をなるが・・・。冒頭は、軽快...
NHK大河ドラマ「功名が辻」第15話〜妻対女前回に引き続き今回もホームドラマ・・・というよりコメディ?!な展開でしたね〜。山内家に六平太が転職してきました鉄砲なんて要らないという吉兵衛に対し「一豊様に槍を教えたのは吉兵衛サマだとお聞きしました」等、吉兵...
今夜は 世継ぎの話でした。誰も千代を責めてはいないし、そんなつもりもないはずだけど 子どもの話で 千代をグサグサと傷つけていました。 仲間由紀恵さんはやっぱりきれい。「殿のお子が欲しい」泣きながら 搾り出すように話すその顔の美しさ!う〜〜ん私まで泣きそ...
今回は、歴史的な面はほとんどなく、山内家の事を中心にストーリーが進みましたが、わりと面白く見れました。名を偽り、六平太の女房として山内家に潜り込んだ小りん。何とかして一豊に近づきたいようです。「殿様のお子を私が産みまする」千代は苦笑い。。。不破家の叔母...
いやはや恐ろしかったです、妻対女。 まずは六平太が山内家に住みつきます。 千代さ
内容山内家で雇ってくれと六平太が来る。千代の知り合いということもあり雇うことに。そして、妻と名乗る女も。だが、千代は女のカンで小りんであることを見抜く。特に大胆な修羅場モノなく。妻VS女と言っているわりに平凡な感じ。ホームドラマとしては前回ほどではない...
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ