とりあえず、のブログ

正直いろいろありましたが,どうするか不明です。的なブログです。

 
この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
タイトル通り「家康恐るべし」な回でした。決して自分からは動かない。相手の出方を見る。相手が動いたら。。。すかさず、その上を行く手を打つ。そして、相手が引いたら、決して追いかけない。追いかけなくても、もう周りには、どんなに大きい人物なのかどんな脅威を孕ん...
今日は長久手の合戦を中心としたお話…でしたが、吉兵衛の死などに時間を費やしすぎたのか、いつもの「足早・盛りだくさん」パターンでどう感想してよいのか解らないかんじです。猿VSたぬき…ではなく秀吉対家康のやりとりはさすがどちらも演技派!と思えるほどの名演技...
第二十九回「家康恐るべし」秀吉は自らの権威を誇示するため大坂城の建造に着手。茶々のための築城と見た寧々は千代に、茶々と同じ近江生まれとして近づき、様子を伝えるよう命ずる。すでに茶々から、秀吉を滅ぼすため生き残ったと明かされていた千代は板挟みとなる。同じ...


茶々のために建造中の大坂城、寧々(浅野ゆう子)さん やっぱ気に障るようで・・・
一豊(上川隆也)さんは 前回から踏ん切りがついたのか、元気に仕事してますねぇ。
功名が辻ですが、小牧・長久手の戦いということで、秀吉・家康の駆け引きなどもタップリあり面白かったです。秀吉の甥で、今のところ後継者でもある秀次役に成宮さんという新キャラも登場していました。(感想以下に続きます)
今回の功名が辻は。。。。別に特別な感想はありませんでした^^; せっかく一豊が
「小牧・長久手の戦い」がメインであった今回。で、メインの裏テーマは「羽柴秀次のお披露目会」でした。演じるのは成宮寛貴さん。今回の秀次は「気のお優しい方」(一豊談)という設定らしいですね。「独眼竜政宗」での陣内孝則さんの豪快なイメージが強かったので、どの...
「 男になぞなりとうはございませぬ 」 
今度は千代さんが男に生まれて、一豊様を嫁にしては?
「功名が辻」第29話の感想です。今週のサブタイトルは『家康恐るべし』。
今回の大河はサブタイトルと内容が微妙にズレてることが多かったので、
「今回は大丈夫か?」と心配してたのですが、さて・・・。
家康、恐るべし。家康、天晴れ。 さて、登場しました、成宮秀次君。幼少時代はキュー
1|23
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ