東日本大震災8周年祈念読み書き歌い語りつぐ集い  震災後のまちづくり NPO光と風
       読み書き歌い語りつぐ集い
 東日本大震災8周年祈念として昨年に続き3月10日に東部図書館で集いを開催。最初に「東日本大震災の復興と平成の30年間」と題して2月24日に天皇陛下在位30記念式典と・26日の宮中茶会に招待されたことをNPO法人光と風の理事長が報告。続いて劇団ふくが「助五郎と飯岡大漁節」を実演、黙祷を経て文芸賞「海へ」の市民賞の授与式・作品の朗読を行ないました。
 11日の千葉日報には旭市立第2中学校2年の田村紗季さんの「「あの日」が取材を受け掲載されました。

◎3月11日千葉日報取材記事3.11大震災ちば8年「復興かわら版に体験談」
◎千葉日報 「未来へつなぐあの日」旭2中田村紗季さん

◎千葉日報取材記事「継承へ思い新た 旭市「読み書き歌い語りつぐ集い」
◎読売新聞房総版取材記事 伝承「我らの波止」語りつぐ


 天皇陛下在位30記念式典と・26日の宮中茶会の報告
          

           
     クリックすると元のサイズで表示します

    紙芝居「助五郎と飯岡大漁節」
     
     クリックすると元のサイズで表示します

    文芸賞 市民賞の授与・作品朗読
     クリックすると元のサイズで表示します

    飯岡子供囃連の「お囃子」
    クリックすると元のサイズで表示します
4

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ