12月から宿泊料金¥5000円の「ふっこう割」  震災後のまちづくり NPO光と風
    台風被災地に「ふっこう割」が12月から実施予定
 台風15号、19号で被災した地域への復興支援として宿泊料金を割引する(5000円)が閣議決定し12月から実施することになった。観光庁HPではその補助金の内容について以下の通り公表している。
 地域にとって如何に人を呼び込むかが地域問題解決の最重要課題である。確かに税金を使っての手段であるが確実に事業者にやる気を生み出し雇用に結びつく最先端の道になるのではないか!
 忘年会・新年会・年末年始の宿泊など¥5000円の割引を活用してお楽しみは如何!


令和元年台風第15号および第19号観光支援事業費補助金の創設

最終更新日:2019年11月13日
今回の台風第15号および台風第19号がもたらした被害により、
交通網への影響もあいまって、被災地域には観光需要の落ち込みが見られることから、
災害起因のキャンセルが発生している被災地域において、観光需要の喚起を図ることを目的に、
今般、標記補助金を新たに創設します。(別紙1「令和元年台風第15号及び第19号観光支援事業費補助金交付要綱」参照)
災害救助法(昭和22年法第118号)の適用市区町村が存する都県は本補助金を活用し、
各都県において新たな支援制度を創設することとなります。
その詳細については、各都県において決定することとなりますが、概要は以下の通りです(別紙2「スキーム図」参照)。

1.旅行商品代金・宿泊料金の低廉化事業
被災地域における一泊以上の旅行・宿泊商品を対象に、旅行・宿泊料金を一人泊あたり最大5,000円支援

2.代替的交通手段の活用による旅行促進事業
観光地そのものにおける被害が少ないものの、観光地に至る幹線交通機関等への被害を背景にキャンセル
が生じるおそれのある地域において、公共交通事業者等が、当該地域に発着する代替輸送手段を用意し、か
つ低廉な料金を設定した場合に、正規料金との差額を支援。

• 別紙1:令和元年台風第15号及び第19号観光支援事業費補助金交付要綱 [PDF:164KB]
• 別紙2:スキーム図 [PDF:150KB]

観光庁 令和元年台風第15号及び第19号観光支援事業費補助金担当

       11月13日付けの千葉日報記事
    
クリックすると元のサイズで表示します
6

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ