野口雨情と東日本大震災  自然災害との付き合い
 今年の夏はテレビに紹介されたこともあって多忙を極めた。9月に入り3日ほど休みを取った。この休暇で茨城の北部へ車で出かけ岡倉天心ゴ五浦美術館・五浦六角堂・野口雨情記念館・野口雨情生家、資料館などを訪ねた。
 雨情が少年期を過ごした旧家には資料館が併設されこれらを保存・維持している雨情のお孫さんに当たる野口不二子さんから説明を頂いた。
 *青い目の人形 *雨降りお月さん*赤い靴 *7つの子 *波浮の港*船頭小唄 など60代以降の人たちにはいずれも心に響く詩である。
 北茨城市は先の震災で津波被害を受けたことは周知していたがこの生家・資料館が大きな被害を受け再開に数ヶ月を要したこと、など館長の野口不二子さんから聞くことが出来た。1943年生まれ、後世に伝えるという意思の強さに打たれた。これらの詳細は野口不二子著郷愁と童心の詩人「野口雨情伝」で知ることが出来る。
 帰りから望む海岸は6M護岸の設置が進行し平地から海が見えなかった。先々のことを考えると震災・減災を引き換えに生活から海・海岸の喪失が当たり前の日常となる。子や孫たちにどう伝えていくのか!
        館長の野口不二子さん         

        クリックすると元のサイズで表示します
     野口不二子著郷愁と童心の詩人「野口雨情伝」        

       クリックすると元のサイズで表示します
2

 

旭市総合防災訓練  自然災害との付き合い
   令和元年度 旭市総合防災訓練 
 今年は9月1日午前8時30分頃、千葉県東方沖を震源とする大地震が発生、地震による災害を対応とする訓練想定が市立第一中学校で実施された。NPO光と風、旭市防災士・介助士ネットワークのメンバーが参加した。
 事実、例年同様で議員・関係者の挨拶が主でその目的・訓練内容は例年同様であった。
実際のところ、各地域で災害が発生した場合、少子高齢化が急速に進む中でその対応は高齢者に負担がかかることは明らかである。行政の視点による災害からも防衛も大事と思うが向こう三軒両隣という付き会いの日常から災害への応対をどうするか!震災から8年、現実から目を背けず築いて行けるか!先々を担う若い人たちの考えの醸成を待つか!       

      クリックすると元のサイズで表示します

       クリックすると元のサイズで表示します
3

 

秋を告げるシラス漁  食によるまちづくり
 シラスの産卵は主に春と秋、九十九里浜はカタクチイワシで知られているがその子供であるシラスの水揚げも盛んである。イワシは二層巻き船団の漁であるためシラス漁としてでなくシラウオ漁として営まれている。ここ数年カタクチイワシの水揚げは不漁でシラス漁も同様であった。
 夏場になってシラスがすこしづつ水揚げされている。秋を迎えシラスも大きくなり<生シラス>の美味い時期となった来た。飯岡の秋 シラス料理を味わって下さい。
         シラスの水揚げ 飯岡港      
       
   クリックすると元のサイズで表示します
         生シラス
   クリックすると元のサイズで表示します
         生シラス丼
   クリックすると元のサイズで表示します
2

 

千葉科学大学教員免許講習に参加  NPO光と風活動
 千葉科学大学では毎年、教員免許更新講習を8月の初旬に開催している。今年は8月8日NPO光と風では紙芝居「赤ぼうさいずきんちゃん」と防災教室を行った。参加した教員の皆さんから好評を頂いた。
           クリックすると元のサイズで表示します
4

 

旭市・茅野市児童交流事業で紙芝居  NPO光と風活動
  旭市と茅野市では平成17年に姉妹都市を結び毎年交流事業を継続している。今年は7月31日から8月2日まで児童交流が行われた。NPO光と風では旭市の協力要請で7月31日紙芝居劇団「ふく」が防災紙芝居を実演した。
         防災資料館での紙芝居

      クリックすると元のサイズで表示します
      クリックすると元のサイズで表示します
4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ